忘年会シーズン前に気をつけたいこと

一年の締めに気が緩む

今年ももうすぐ終わりに近づいてきましたが、忘年会シーズンになるとどうしても体調管理に不安が出てきてしまいます。
自分では気持ちは若いつもりでも、やっぱり年々体力がなくなってきているのは感じるので、この時期から少しずつ防御策をとっていかないとあとでひどいしっぺ返しを受けてしまうことにもなります。
忘年会シーズンでありがちなのが、ついつい食べ過ぎ飲み過ぎを連日のように繰り返してしまうということ。

最初はてはじめに手近な友人たちなんかと始めて、そこから会社の集まりや取引関係の人たち、他にもなんやかやと予定が埋まっていってしまうものです。
悩ましいのがこの時期はどこの居酒屋さんも忘年会用に力を入れた料理コースを用意してくれるということで、残すのがもったいない貧乏性な私などは食べ過ぎとわかっていつつも目一杯お腹に詰め込もうとしてしまいます。
さらには、忘年会シーズンの直後には年末のお正月休みが控えているわけで、年明けには体重がプラス数kg・・なんてことにもなりかねません。
そうならないためには、食べる食材を選んだりお酒の飲み方を上手に制御していく必要があります。

気を付ける事

まずありがちなのが、仕事帰りにそのまま居酒屋さんで集合して、かけつけ1杯とばかりに冷えたビールを思いっきり飲んでしまうということ。
実は冷たいものは胃腸を冷やしてしまうので体によくないのに加え、空腹のときに大量のアルコールを飲んでしまうとそれだけで胃腸に大きな負担をかけてしまうのだということ。
空腹のときにいきなり飲むことがないように、事前にちょっとつまんでおくか、それが無理ならお茶かコーヒーを飲んでおくとかなり胃腸への負担が軽くなるということです。

次に料理の方ですが、やはり食材によっては消化がよくないものがあるので、そうしたものばかりを食べ続けていると、どんどん胃腸が弱っていくといいます。
消化のよいものというのは豆腐や納豆、白身魚や魚類、野菜といったものですがそうしたものは普通の居酒屋ではなかなか冒頭から登場はしてくれないもの。
ですので、できる限りいきなり脂っぽいものや辛いものを食べるのではなく、付け合せの野菜などを先に食べつつ胃への負担を柔らかくしていくのが大切のようです。
あとは最後にものをいうのは自制心ですね。

今年もなんだかんだと失敗する可能性が高そうですが、落ち着いて自分の体をいたわりつつ忘年会を楽しんで行きたいと考えています。