駅やスーパーなどで荷物を受け取れる「PUDOステーション」

「PUDOステーション」とは宅配ロッカーの事

昼間は不在がちなので、宅急便を受け取れないのに宅配ロッカーを設置できないという人にとって役立つのは「PUDOステーション」です。
「PUDOステーション」は駅やスーパーなどにあるPackcity Japan(パックシティ ジャパン)という会社のオープン型宅配便ロッカーで、ヤマト運輸や佐川急便といった大手の宅配会社を始め多くの宅配会社が契約しています。

利用者は各宅配便会社を介してこのサービスを受けます。
24時間受け取り可能で、各受取場所で自分の荷物を受け取るのです。

受け取れる荷物は?

2018年5月の情報ですが、ヤマト運輸や佐川急便、DHLジャパン、順豊エクスプレスが取り扱う荷物、たいていのコンビニ指定可能な荷物はPUDOステ―ションで受け取り可能です。
その宅配会社によって受け取り方は様々で、たとえばヤマト運輸はクロネコメンバーズで「お届けeメール」を利用できるのであれば、受取場所をPUDOステーションに変えられます。
佐川急便は再配達のみ利用可能、アマゾンや楽天市場は発送先としてPUDOステーションを指定できません。
けれども、その一方でPUDOステーションを発送先に指定可能というサイトもいくつかありますので、インターネット通販を利用した時に確認してみると良いです。

受け取れない荷物もある

受け取れないのは着払いの荷物、縦横高さの3辺の合計が100cm以上または重量が10kg以上の荷物、クール便、往復便です。
通販などを利用する際、PUDOステーションを利用できるかどうか確認してみましょう。

着払いは通販の商品等によくある支払方法ですが、不在がちになることが分かっている人はこの支払法を選択しない方がよいでしょう。
上記に書きましたようにPUDOステーションを利用できませんし、不在が重なると宅配業者も大変です。

利用方法を知りたい

再配達でヤマト運輸の公式アプリを利用した方法です。
まずは伝票番号の入力ですが、クロネコメンバーズでしたら「その他」の中の「お知らせ一覧」で開けます。
次に再配達申し込み場面で「取扱店(コンビニ・宅配便ロッカー

PUDOステーション

等でお受け取り」を選びましょう。
その際は

住所検索

駅名検索

のどちらでも良いです。

店舗の希望を選び、都合の良い時間で受取時間を決めて「店舗選択」をします。
そうしますと、入力内容確認画面になるますのでそこで詳細を確認しますと再配達の申し込みは完了です。
PUDOステーションに再配達されたら、お知らせメールが届きますので再配達されたことがわかります。
そのメールには宅配便ロッカーの公式アプリでも確認できる認証番号が記載されていますので注意しましょう。

着る服もクラウドで!「ファッションレンタルサービス」

ファッションレンタルサービスの特徴

最近、じわじわと話題になりつつあるファッションレンタルサービスをご存知でしょうか。
このサービスはインターネットで登録すると、その名の通り月額で数点のファッションアイテムをレンタルできるというものです。

有難いことに、レンタルサービスは無制限というところが多いのがこのサービスの特徴になります。
いったん借りたファッションアイテムを返却したらまた違うものをレンタルでき、さらに送料やクリーニング代も掛からないところが多いのです。
こういったサービスはこれからますます発展しそうな兆しが見えます。

「airCloset」はプロのスタイリストが選んだアイテムを利用できる

「airCloset」というファッションレンタルサービスは2015年2月に開始されました。
プロのスタイリストが関わっているということで、まるでモデルが着るような外に着て行けないような服が届くかもと不安に思う人もいるかもしれませんが、その点は安心です。
事前に自分の好みを登録できますから、そこから外れたデザインや色は選ばれることはないでしょう。

届いたアイテムごとにフィードバックができるので、余りに好みから外れたアイテムが届いて困ったということはないようです。
何しろ、センス抜群のスタイリストが選んでくれるアイテムなので届くのが楽しみになります。
自分では選ばないようなアイテムがあるので、ファッションセンが磨かれることは間違いないです。

「SUSTINA」はエコなサービス

「SUSTINA」は2015年3月~開始された月額制のファッションレンタルサービスです。
こちらのサービスの特徴は何と言いましても、ユーザーからの買取品を使っているというエコを意識したところでしょう。
1度に3点レンタルコースと5点レンタルコースがあり、それぞれの値段は異なりますので自分の都合に合わせて頼めます。
いらなくなった服を他のユーザーに使ってもらえる、自分もユーザーが使わない服で好みの物をレンタルできるということでお互いにとって良いサービスです。

さらに良いことはファッションアイテムのみでなく、ウェアラブルデバイスもあるのでアップルウォッチなども試せることです。
このような高価な物はなかなか試せるものではないので、お得といえるでしょう。

中古品使用ということですが、しっかりとした検品をしていますので、使用感などは気にならないとのことで安心です。
また、期間中は家での洗濯も可能なので清潔に使えます。

「Rcawaii」は若い層に人気なファッションが中心

「Rcawaii」は2015年12月よりサービスを開始したファッションレンタルサービスです。
ルミネ、渋谷109、小悪魔ageha系の若い層に人気のファッションが中心であることと取扱いブランドが多いことが特徴でしょう。

そして嬉しいことにスタイリストがレンタルの服のコーディネートパターンのコメントを添えてくれるので、良い参考になります。
手持ちの服と組み合わせてステキなコーディネートができますし、ファッションセンスが磨かれる可能性大です。

日常的な家事をお任せできる「家事代行サービス」

家事代行サービスとは

家事代行サービスを頼む家庭が増えていますが、一言「家事代行サービス」といってもどのようなサービスがあるかわかりません。
今回はそういった家事代行サービスについての情報をお届けしましょう。

実は「家事代行サービス」とはその名の通りのサービスで、普段家庭で行い家事を代わりに行ってくれるというサービスなのです。
普段の家事といいますと、洗濯、掃除、ゴミ捨て、食事作り、アイロンがけ、食材や日用品の買い物といったことになります。
そういった日常の細々としたことをやってもらえるというのは、特に共働き世帯にとっては有難いものでしょう。

ハウスクリーニングとの違いを見てみよう

先ほどご紹介しましたように、家事代行サービスの中には掃除も含まれています。
そうなると、「ハウスクリーニング」というサービスとどう違うのか疑問に思われるかもしれません。
けれども、ハウスクリーニングと家事代行サービスは根本的なところで違います。
その違いをはっきりさせておきましょう。

大きな違いは掃除の際に使う洗剤です。
家事代行サービスはその家で使っている家庭用の洗剤を使って家庭でするのと同じ掃除をします。
けれども、ハウスクリーニングになりますとその会社で使っているプロのお掃除用洗剤を使うのです。
もちろん、プロの洗剤の方が本格的な物ですから汚れ落ちがちがいますので当然値段も高くなります。

つまり、この二つのサービスは家庭の掃除とプロの掃除ということで区別できるのです。
ただし、ハウスクリーニングと家事代行サービスの両方の業務を行っている会社もあります。
そういった会社の場合、普段は家事代行サービス、たとえば年末の大掃除や引っ越し時など必要な時にハウスクリーニングをお願いするという利用の仕方も可能です。
その家の都合に合った使い方をすると良いでしょう。

依頼できること、できないことを挙げてみる

ここで、家事代行サービスでできること、できないことを挙げてみましょう。
まず、できることは最初に挙げた日常的な家事です。
普段、家で行う一般的な家事と思えばわかりやすいかもしれません。

一方、できないことは一般的な家事の範疇から外れた専門的な分野です。
具体的に挙げてみますと、介護や介助といった老人のお世話、ペットの世話、医療行為、体に関するサービス、子供の勉強を見るといったことがあります。
その他に家具の組み立てや重い家具の移動といった力を要する仕事もそうです。
ただし、その会社によっては対応可能なサービスもありますので、家事代行サービスを頼みたい場合はその会社のホームページをよく見てどのようなサービスが可能なのかよく把握しておいた方が良いでしょう。

このように、納得した上で家事代行サービスを頼んだ方がお互いにとって良いことです。
後で「こんなはずではなかった。」というトラブルを避けることにもなります。