アプリから気軽にタクシーを呼べる「タクシー配車アプリ」

LINEタクシーはLINEを活用できる

LINEを使っている人ならば、だれでも使えるのがLINEタクシーです。
利用者の所在地をGPSで把握し、付近にいるタクシーが無線で配車されます。

料金は迎車料金+メーター料金で、迎車料金はそのタクシー会社によって異なります。
東京都のタクシー会社の例ですが、迎車料金は410円です。
支払いはLINEPay、対応エリアは日本全国になります。

メリットは多くの人が使っているLINEで対応できることです。
残念なデメリットはLINEPayの登録をしていない人にとっては、登録しなければならないので煩わしいということでしょう。

高級な車でワンランク上のタクシーを体験できるUber(ウーバー)

全世界70カ国で利用されているタクシー配車アプリがUber(ウーバー)です。
2009年にアメリカで導入されたのが最初で海外では一般人が運転していますが、日本では「白タク行為」になってしまうので、他の国とは違う対応を取っています。
こちらもやはり、GPSで利用者を確認して付近のタクシーを配車するというシステムです。

料金は車種の選択で異なります。
高い順に車種を挙げてみますとハイヤー(Uberブラック)、ブラックバン、プレミアムTaxi、Taxiとなり、支払方法は現金払い不可でクレジットカードかデビットカードの事前決済です。
残念ながら、対応エリアは東京、横浜、大阪でまだ日本全国には普及していません。
メリットは普段乗れないような高級車種に乗れること、デメリットは付近にいるタクシーを配車されるために高い料金の車種になってしまう場合もあるということです。

全国どこでもOKの全国タクシー

こちらはJapanTaxi株式会社のアプリで、LINEタクシーと同じシステムです。
料金は迎車料金+メーター料金で迎車料金は地域により異なります。
支払方法は現金、クレジットカード、ApplePay、Yahoo!Japanウォレットで、事前決済か降車後の支払いです。

中心になっているのは日本交通で日本全国13のタクシー会社が提携していますので、日本中で対応できます。
もしも、利用者のいる付近に配車できるタクシーがない場合はタクシー会社の電話番号が送られます。

メリットは日本全国で対応しているという点、優れたアプリであるという点でしょう。
デメリットは対応エリア外もあるということですが、この場合は先ほども書いたようにタクシー会社の電話番号を教えてくれますので安心です。

迎車料金無料のフルクル

フルクルを運営するのは国際自動車株式会社です。
こちらは付近のkmタクシーと乗客をマッチングしますが、スマホをふるだけなので、簡単にできるでしょう。
マッチング完了だとスマホが振動するというしくみになっています。
料金は半径500mに限ってタクシーを呼ぶシステムになっているために迎車料金はなく、メーター料金のみです。

対応できるのは東京23区、三鷹市、武蔵野市というエリアです。
メリットは迎車料金なしということ、配車でなくマッチングというところが斬新で良いということ、デメリットはGPSが正確でないとタクシーが来ないという事態になりかねないこと、配車ではないのでなかなかタクシーに巡り会えないということでしょう。

割り勘も送金もスマホで「LINE PAY」

「LINE PAY」は友達同士の割り勘や送金に役立つ

このサービスは2014年に設立されたLINE PAY株式会社によるものですから、まだ新しいです。
よくわからない、聞いたことはあるけれども使ったことはないという人も多いでしょう。

このアプリを使うのに必要なのはLINEのアカウントのみなので、LINEを日頃活用しているという人ならば、誰でも使えるのです。
特に便利なのは友人同士で飲み会や食事会をしたときの割り勘の時かもしれません。
せっかく楽しく食べたり飲んだりした後に割り勘となると、細かいお金を持っていないという人も何人かいるでしょうから、計算しておつりを用意してというとそれだけで慌ただしくなってしまいます。
そんな時に力を発揮するのがこちらの「LINE PAY」です。

相手の口座番号を知らなくてもLINEで送金できますから、おつりをどうするなどということをしなくて良いのです。
さっと計算してLINEで送金のみで手数料もかかりません。

「LINE PAY」のチャージの仕方を知ろう

「LINE PAY」のチャージの仕方をご紹介します。
まずは「LINE PAY」のアカウントと普段利用している銀行口座がわかれば、「LINE PAY」の登録で引き落としが可能になり、チャージできるのです。

チャージをリクエストして専用端末と受付番号、予約番号を入力後、レシートを見せればコンビニでもできます。
コンビ二は日本全国どこにでもありますし買い物や支払などで利用する機会が多いでしょうから、ついでにチャージできるのはありがたいことです。
また、旅行先での支払いなども「LINE PAY」を活用すればスムーズにできて便利でしょう。

「LINE PAY」のメリットは?

「LINE PAY」はスマホ決済アプリなので、キャッシュレスで買い物が出来ますし、先ほど書きましたように友人との割り勘も便利というところは大きなメリットです。
「LINE PAY」によりスマホ決済ができると、レジでの計算がいらないので世の中の人がこのようなアプリを使ってキャッシュレスになればレジの行列解消になるかもしれません。

また、ポイント還元もありますので現金での買い物よりもお得です。
なぜならば、現金で買い物をするとそれだけで終わってしまいますが、スマホ決済を利用するとポイントがつきます。
このポイントはキャンペーンなどで何パーセントか還元になっていますので、よく確認してお得に貯めると良いでしょう。

便利な「LINE PAY」を自分なりに活用しよう

このように便利な「LINE PAY」はこれから広まりつつあります。
今や世界はキャッシュレスになっていますので、「LINE PAY」を活用してお金を持たずに買い物をしましょう。

登録や使い方も簡単なので、この機会にアプリを起動させてみてはいかがでしょうか。
ちょっとした買い物にも役立つことは間違いないです。
そのうち、キャッシュレスでの買い物もあたりまえという世の中になるかもしれませんから、自分なりに良いやり方でこのアプリを活用してください。

生活習慣を管理できる「Welbyマイカルテ」

「Welbyマイカルテ」とは自己管理ノート

たとえば、生活習慣で病院に掛かっている場合、血圧、血糖値、体重を自己管理しなければいけません。
しかし、性格もあるのでしょうが、自分で自分の記録をきちんと管理できれば良いのですが、なかなか大変です。
そういったことを管理してくれるのが「Welbyマイカルテ」という自己管理ノートの機能を持ったアプリになります。

自己管理ができない、日々忙しい、食事管理が大変なので煩わしい、血糖値コントロールが不安、日々の生活が憂鬱、不眠に悩まされている、生活改善ができないといったことで困っている生活習慣病の人は多いです。
そのような人を助けてくれるのが「Welbyマイカルテ」といってよいでしょう。

使い方を考えよう

このアプリは医療機関を登録すると自己管理記録を「Welbyマイカルテ導入医療機関」の先生が主治医の先生でしたら、共有できます。
そうできれば、主治医の先生からも良いアドバイスをもらえるでしょうし、自己管理を頑張っていることを認めてもらえるでしょう。
また、家族との共有も可能なので家族からの励ましの言葉をもらえるでしょうし、場合によっては夫婦で「Welbyマイカルテ」に登録してお互いに共有して切磋琢磨ということもできます。
ただし、こうした「Welbyマイカルテ導入医療機関」との関わりはその医療機関により、頻度は違いますのでご注意ください。

機能を活用しよう

「Welbyマイカルテ」は一般家庭にあるような家庭用測定器と自動連携しています。
家庭用測定器は一般家庭でよく使われるメーカーの血糖測定器、血圧計、体組織系、活動量計・ウェアラブルです。
また、スマホ内蔵活動量計、血糖管理アプリ、ヘルスケアアプリ・サービスといった各サービスとも連携していますので、こういったところをうまく活用しましょう。

測定器で測った記録は一覧やグラフになりますので、印刷して可視化するとわかりやすいです。
部屋の見えるところに印刷した物を貼って、モチベーションを上げるというのも良いかもしれません。
このように記録を可視化していると家族にもわかりやすいので、家族が食事の支度をする際に塩分に気を付けるなどの工夫をしてもらえます。

利用料無料で簡単登録

登録は簡単です。
WelbyマイカルテにアクセスしてWelby IDに新規ユーザー登録をします。
利用料は無料なので、ご安心ください。
アプリやWeb版からの簡単登録でWelbyのさまざまなサービスを受けられるのです。

Welbyマイカルテにログインして慎重や体重と言った基本情報を登録すれば、医療機関ともつながれるようになります。
このように無料で簡単に登録できますので、これからの自己管理を充実させるためにこのサービスを大いに活用すると良いです。