カテゴリー別アーカイブ: 【サービス】

お守り制作サービス「OMAMO(オマモ)」

自分でオリジナルのお守りが作れるOMAMO

お守りが欲しい時、人生の中でそういう時は多々あります。
自分が受験という時、やはり普段神様仏様にお願いする事がなくても、この時ばかりはお願いしてしまいます。
出産のときにも赤ちゃんが無事に健康で生まれてきますようにと安産祈願をしてお守りを貰うとか、購入してくるという方も多いでしょう。

何か大切なことがある時、人はお守りをもって祈ります。
受験、出産、これから長い旅に出るという時、また日常的に運転される方には、交通安全のお守りなど、日本人の暮らしの中には常に主盛がありました。

このお守りをもっと個性的に、楽しく利用できるようにと考え出されたのがOMAMOというサービスです。
このサービスは日本に伝わる文様の意味、その効能について着目し作られたサービスで、御坊様監修のもとに作られました。
願い、悩みなどに沿って、お守りのデザインとして昔から伝わる伝統的な柄をチョイスし、オリジナルのお守りが作れるというサイトです。

文様には意味がある

お守りに利用できる文様には、それぞれに意味があり、たとえばトンボは戦国時代の武将たちの中に、鎧などトンボのモチーフを模したものを利用した方がいました。
トンボは前に向かってただひたすらに飛ぶ昆虫で、「後ろには飛ばない」のです。
ひたすらに真っすぐ飛ぶトンボは、戦国時代、小さいながらも勇ましいとして戦国時代の武将たちが好んだのです。

現代ではトンボのモチーフを、目標に向かって真っすぐ飛ぶという事から合格祈願のお守りとしてお守りの柄に利用するとよいとされています。

金運を上昇させたいという時には金運上昇の意味を持つ金魚、いつまでも長く継続する青海波の柄をあわせて金運上昇のお守りができます。
安産祈願では長寿を考慮した網目、安産祈願に古くから利用されてきた梅の柄など利用するといいでしょう。

こうした組み合わせはOMAMOに16種類ほど用意されていて、その中の文様の色などもチョイスできます。
オリジナルお守りを作る際には、悩み、不安などをメールで送ると、酒井智康副住職が監修し、絵柄の組み合わせを選んでもらえます。

御朱印ブームの中、お守りも注目されています

一つ一つ悩みに応じたお守りを作り、祈祷をして送ってくれるというOMAMOは、今多くの方が利用し、願いをかなえるサポートグッズとして身に着けられています。
OMAMOのWebサイトから申し込みできて、今かなり人気となっている状態で待ちが長くなりそうです。
受験を控えている方などは早めに注文した方がよさそうです。

自分の悩みにどんな柄のお守りが送られてくるのかという楽しみもありますし、こうした祈祷してもらったお守りを自分で持っているという事の心強さをしっかりと感じていただきたいです。

引っ越し時に利用したいサービス色々

引っ越しは不要な用品を一気に処理するチャンス

春先の時期になると進学や転勤で引っ越しをする人が増え、新しく部屋を借りたりする機会も増加します。

長年実家ぐらしをしてきた人や、数年も同じところに住んできた人にとっては、引っ越しで押入れの中のものを洗いざらい動かすことになるためかなり面倒が増えてしまいます。

引っ越しをするときには余計な荷物があるとそれだけ手配する運送会社の料金も高くなってしまいますし、何よりも部屋が狭くなり荷解きの手間が増加してしまいます。

探してみるとあまりにも余計なものが多くあり、いっその事大処分してみるのもいいんじゃないかと思ったりもします。

そんなときに便利なのが部屋の不要なものをただ捨てるのではなく、再利用をしていくためのサービスです。

最近ではリサイクルブームもあり、古着屋や中古CD・DVDショップもたくさん街中にみられるようになりました。

そうしたところで一気に持っているものを売ってしまうことで、室内を広くし収納をしなくてもよい部屋づくりができます。

おすすめの宅配クリーニングサービス

もう一つ引越し前に知っておきたい便利なサービスが宅配クリーニングです。

宅配クリーニングとは、自宅までクリーニングをする衣類をとりにきてくれ、作業が終わったらまた配達をしなおしてくれるというものです。

この宅配クリーニングの便利な点は、営業範囲内であれば回収をした衣類の届け先を引越し先に変更することができるということです。

なので室内にシーズンではない衣類がたまっているなら、引っ越しのときに一気にクリーニングに出してしまいキレイになった状態で受け取れます。

これなら荷物も減って引っ越し料金もお得になるので一石二鳥です。

ネット専用クレジットカード「Vプリカ」

「V-Preca」を知っていますか?

インターネットを使った通販は、今や老若男女問わず使用をされています。

買い物をするときにはどういった方法で代金を渡すかということを選択しなくてはいけませんが、主流となっているのはクレジットカード決済です。

クレジットカード決済はワンクリックで買い物が終了できる大変便利な方法ですが、ショッピング枠として設定されている金額は最低でも数十万円になっており、気がついたら限度額ギリギリまで使ってしまっていたなんてこともあります。

また学生や退職した後の人など、クレジットカードを作りたいけれどもなかなか審査に受からないというようなこともあります。

クレジットカード本来の翌々月支払いなどの機能や、キャッシング、付帯する保険などはいらないので決済方法だけ使いたいという人もいるでしょう。

そういった人のために便利なのが「V-Preca(ブイプリカ)」という決済用のクレジットカードの代替サービスです。

「V-Preca」はクレジットカード会社大手のライフカードがVISAカードと提携して行っているもので、決済に用いることでクレジットカード発行を断られた人でも手軽に同等の決済手段として使うことができます。

実際にはカードは発行されません

クレジットカードの代替サービスというと、同じようにプラスチック製のカードが発行されるのではないかと思うところですが、この「V-Preca」はオンラインで登録を使用をする完全バーチャル決済のためのサービスです。

使用方法はまずV-Precaの公式サイトに行き、そこで必要な登録情報を送信します。

そこでまずアカウントを開設しそこに金額を入れていくという方法になります。

登録が完了すると画面上に自分のカードがWeb上の画面で確認することができるようになるので、その内容(カード番号、有効期限など)に従って各種の決済をしていきます。

入金の方法は既に発行済のクレジットカードの他、コンビニでの支払いやインターネットバンキングからの振込といったものがあります。

アカウントをわざわざ登録しなくてもすぐに使えるプリペイドカード式のギフトカードもコンビニでは販売されているので、誰かにプレゼントとして使用できるカードをあげたいという場合に便利です。

使いすぎを防ぎお金の管理がしやすくなります

クレジットカードを持っている人ならわざわざこのV-Precaを使う必要なんてないんじゃないか?と思う所ですがそんなことはありません。

近年では登録していたクレジットカードの番号などの情報が漏洩してしまい不正使用されてしまうような事例が多数報告されています。

特にオンラインゲームでの課金では、サーバー内にハッキングをして他人のクレジットカードでゲームアイテムを購入したりするような集団もいるので、むやみに本当のカード情報を登録するのは危険です。

また子供がいる家庭では、親の目を盗んで勝手にクレジットカードで買い物をするというケースもあります。

そうしたときに擬似カードとしてこうしたV-Precaのような入金した分までしか使えないというしくみにしていくことで、万が一の情報漏洩や不正使用があっても被害を最小限にとどめておくことができます。