失くしたiPhoneを探すアプリ

より厳重になったiPhone探しアプリ

スマートフォンを持つようになってからというもの、何でもかんでもをその中に記録するクセがついてしまいました。

普通の携帯電話を使っていたときには、せいぜい友人や仕事関係の人の電話番号くらいがメモリー内容でしたが、そこにカメラを使ったプライベートな写真や、知り合いの住所や家族構成、スケジュールやよくいくお店の情報まで本当にたくさんのことが記録できるようになりました。

何か知りたいことがあるとすぐにでも検索をしたくなるのもスマートフォンの機能ですが、反対に言えばもし何かの事情で使えなくなってしまったときにはそれだけ不自由が大きくなってしまうということでもあります。

そこであらかじめ紛失時に対応できるアプリをインストールしておくと、万が一のときにすぐに探したり見られたくない情報を消してしまうことができます。

紛失時に一時的に機能を停止させるということは、以前からキャリアの管理システムで行われてきました。

ですがキャリアを介して行うとなると時間がかかることもあり、利用面ではもう一つということもよくありました。

そこで自分で紛失という事態に対応できる便利なアプリが登場しています。

名称はそのまま「iPhoneを探す」

iPhone専用のアプリですが、「iPhoneを探す」という便利なものがあります

こちらはAppストアから無料で使用ができるものですが、大変に高機能である上に単になくしたiPhoneを探すだけでなく細かい工夫がいくつもつけられています。

基本的な機能としては、まずは遠隔操作を使ってそのなくしたiPhoneに保存してある記録を削除します。

このときなくしたiPhoneが通信できる環境にあることが条件になりますが、ネットにつながってさえいればすぐに内容の削除をすることができるので、ローカルに保存してあったファイルを誰かに見られてしまうことはありません。

さらにこのとき削除と同時に警告音を鳴らすことができるので、紛失したiPhoneを持っている人を周囲に知らせることができます。

この警告の通達は音だけでなくiPhoneを拾った人に連絡をしてもらいたい番号を教えたりすることもできるので、いろいろな使い方ができます。

従来までのiPhone探索アプリとはここが違う

こうした紛失したiPhoneを遠隔操作するアプリはこれまでにもありましたが、そのときiPhoneにパスコードを設定していなかったりしたときにはアプリ自体をあっさりオフされてしまうこともあり、iPhoneにちょっと詳しい人に取られてしまったら意味が無いということもありました。

そこでこの「iPhoneを探す」では、本体のアプリ機能をオフにするときには「AppleID」とパスワードの入力を求められるようになっています。

この「AppleID」はiCloudやその他のAppleのサービスを利用するときに使用するものであるので、これがあれば仮にそのiPhoneの中身が消去されてもクラウド上のに保存していた内容から必要なデータを復旧することができます。

なくさないようにするに越したことはありませんが、こうした便利なアプリもあらかじめ入れておいて備えの一つにしておきたいですね。