意外と熱くなる「Akinator」

誰にでもいる好きなキャラクター

あなたはいまどんな人物やキャラを好きですか。
こう聞かれてぱっと芸能人が思い浮かぶかもしれません。

国民的アニメのキャラクターが思い浮かんだ人もいるでしょう。
もしかすると知る人しか知らないキャラを思い浮かべる人もいるでしょう。

このように好きなキャラ・人物は誰にでもいるものです。
キャラクターには、なぜ好き嫌いがあるのでしょうか。

それは、キャラそれぞれにならではの特徴がある身体と言えます。
もしその人物やキャラに思い出そうとしてもぼんやりとしたものでは記憶に残ることはありません。

印象に残る人物やキャラはそのキャラクター性を少なからず他と差別化された状態で持っているものなのです。

よくある思い出せない

そう言えばあんなキャラいたなとか、人気の人物がいたけど名前が出てこないなんてことがありますよね。

映画みたいに一過性の流行で有名になったキャラほど、その特徴はわかるんだけど名前の方は出てこないってことがあるわけです。

ど忘れして芸能人の名前を忘れると言うこともありますよね。
人物的には顔が思い浮かんでどんな特徴なのかもわかっているのに、実際に芸名を思い出せないというあれです。

これはアニメキャラでも同様のことが言えるのです。
アニメキャラの場合、特徴が似通っていて別の作品同士に類似性があったりするので、混乱することもありますよね。

特にアニメの数が増えるにつれてキャラの名前が増えますから、え~とあのキャラ名前なんだっけってこともあるわけです。

「Akinator」を使うとそう言った疑問が解消できるかもしれません。

「Akinator」に熱中する理由

ただそのキャラの小隊や名前を当てるだけでそこまで熱中するものなのかと疑問に思った人もいるかもしれません。

ところが使い始めて見ると結構熱中してしまうのがこのアプリの面白いところです。
当たった時はすごいと思ってしまうものですし、この人ならどうだろうか、と次々試したくなるはずです。

特にまさか当たらないだろうと思っていると、この質問に答えていくだけで当ててしまうことでしょうね。
かなりマイナーでわからないキャラのつもりだったのに、使ってみると見事に当てられてしまったりすると、もっとやってみようとなるわけです。

それもあってか暇つぶしに熱中する人が多いようです。
これは曖昧な記憶でもそうであると選択できると言うところにあるかもしれません。

だいたいの感じでフィーリングの回答をしてもそのキャラを導き出してくることは脅威と言えます。
それが楽しくてついやってしまうと言った感じです。

質問形式で簡単に使えることからも人を選ばずに誰でもできると言うところは人気アプリならではといったところでしょう。