カメラで撮影した写真をVR化する「Cardboard Camera」

新次元のカメラアプリとして注目されるCardboard Camera

最近ではスマートフォンを持っているのが当然の時代となり、初めて持つ携帯電話がスマートフォンという子供も少なくありません。
一度使用するとその便利さから手放せないものであり、最近ではスマホ依存症といわれる人もいるほど、私たちの生活からは切っても切れないものです。

スマートフォンが人気の理由としてインターネットサイトがいつでも閲覧でき情報が得られるという点が挙げられます。
しかし、それ以上に多くの人が利用して便利さを感じているのがアプリです。

スマートフォンにはたくさんのアプリが搭載されており、自分で好きなものを追加で入れることもできます。
そのため、SNSの登録はもちろんですが、若い子だとカメラアプリだけでも複数を使い分けているという子も少なくありません。

カメラアプリといえば、今はプリクラ代わりに使えて若い子向けのものだと思われていますが実際にはそのようなことはなく幅広い人が楽しめるカメラアプリがたくさん出てきています。
その中の一つがCardboard Cameraです。

Cardboard Cameraとは

Cardboard Cameraとはカメラアプリであり、Googleが開発したカメラアプリであり、もともとはAndroidユーザーしか使用ができませんでした。
それが、今回iPhoneユーザー向けにも開発され、iPhoneユーザーも利用できるようになっています。

カメラの特徴としては360度のパノラマ写真を撮影することができ、なおかつその写真をVRで体験できるものです。
スマートフォンで使うことのできるVR用のヘッドセットを利用すれば誰でもVR映像が撮影でき、鑑賞することができます。

Cardboard Cameraの楽しみ方

Cardboard Cameraではカメラ撮影で静止画の撮影をするだけでなく、合わせて撮影時の音声を録音することができます。
そのため、音声を一緒に入れることによってVR画像と音声とでより臨場感のある作品を作ることができ、これが楽しめる点です。

正直、実際に画像を作ってみたりそれを見てみたりしなければ、なかなかその面白さは伝わらないものです。
これはまだVRを見たことがないという人も多く、実際にどのようなものがイメージできない人が多いことも理由としてあります。

Cardboard Cameraを使って作成した画像はパソコンがなくても作れるため、気軽に作成できますし、パソコンの知識がなくても楽しめます。
さらに出来上がった写真を楽しむヘッドセットも決して高いものではなくリーズナブルなので気軽に楽しめますから、初心者でも気軽に楽しめるものです。

VRが使えると、ただ楽しい画像が作れるだけでなく、自分が旅行している街の空気を家族にも感じてほしい、遠く離れた家族と自分が実際に合っているような感覚を持ってほしい、といったこともかなえることができます。
そのようなVR技術の中でも簡単に楽しめるもの、初級者向けのものとしてCardboard Cameraはなじみやすいものです。

外国人に道を聞かれたら

日本人は基本的に英語がうまくない

英語が母国語ではない国でも、英語は世界共通言語という事で、どの国に行っても仕事などで困ることが無いようにと、英語の教育を小学校年代から行っています。
それは日本と比較して、本当に本格的なもので、文法どうこう、スペルどうこう、という事ではなく、会話できるという事に重点を置いています。

しかし現代、グローバル社会となり日本国内にも外資系企業がかなり多くなっているという時代になっていても!日本の英語教育はまったく世界に追い付いていない状態です。
あれほど、中学、高校年代で英語の授業に時間を割いても、会話できないという事では意味がないのです。

海外で日本語が通じる国がありますが、その国の方々は日本が好き、日本人観光客が多いなどの理由から必死に日本語を学びます。
かたことでも日常会話くらいわかるというくらいになり、私たち日本人とコミュニケーションをとろうとしてくれます。
日本人だって、先進国の人として、外国の方が英語で尋ねてきたとき、迷うことなく案内などができるようになっておくべきなのです。

道案内だけでもスマートにできるようになりませんか?

道案内を身振り手振りで伝える外国人の方をみていると、大変そうだな・・・と感じてしまいます。
もし日本人の英語が英語圏の人間に通じるものなら、こうしたことも起こらないのにと思うのです。

道案内をするときはまず、相手の話をよく聞くことです。
外国人は英語の先生とは違い、早口で何を言っているのか理解できない事も多いです。
でもなんて言っているんだろう?という気持ちをしっかり持って、聞き取ろうという気持ちを持つと、会話の中に出てくる単語から、何となく海外の方が聞こうと思っている事が理解できるようになります。

また、実際に海外の方が日本という外国にきて尋ねるフレーズが決まっていて、○○はどこにありますか?とあ、○○への行き方を教えてくださいとか、○○へはどうやっていけばいいですか?など、たいていきまっています。

このよく問われるフレーズを覚えておくだけでも、ああ、こうしたいんだな、この場所に行きたいんだな?とわかるようになるのです。

おもてなしの国なのだから

日本は海外の方が旅行でやってきて、「親切だ」「おもてなしの心を教わった」「誰もが優しくて丁寧で礼儀正しくうれしかった」などといわれる国です。
そんな国なのに、海外の方がおとずれて質問を投げかけ、困っている時に対応できないのでは困ります。

Do you know where ~ is? How do I get to ~? Could you tell me how to get to ~?
等の文章を覚えておき、対応できる力位つけることは難しい事ではないはずです。
グローバル社会に、今、もう既になっているのですから、大人の「たしなみ」として、このくらいの英語をこなす人になってほしいと感じます。」

英語を身に付けるには留学が一番手っ取り早い

身になる英語力を付けるために英会話スクールに通ったり、独学や通信で学んだりすると思います。
ただこれらの場合、その時は覚えた気になるけれど、実践になったら諸刃の剣とかすことがあります。

ちゃんと身に付く英語を覚えるなら海外留学をするのが一番です。
高校生から準備を始め卒業後に海外の大学へ進学するという人もいます。
奨学金制度により、高校生から留学準備をすれば様々なサポートが受けられるのでおすすめです。
参考サイト:高校生の留学・大学進学 -NCN米国大学機構-

ちょっとした空き時間に「タテアニメ」

空き時間を楽しいものにできるタテアプリ

日常生活の中で、ちょっとした空き時間ができたら多くの人はスマートフォンを操作するものです。
アプリのゲームをしたり、SNSをしたり、インターネット情報を閲覧したり、ということが良く行われるアクションです。

そのような空き時間を楽しむためのアプリとして注目されているのものにタテアプリというものがあります。
これはアニメの配信スマホアプリです。

毎日新作が配信されること、アニメは1話当たり約3分であることなど今までとは違ったタイプのものとして注目されています。
人気の作品、話題の作品をどんどんとタテアニメ化して配信をしており、ラインナップは増加中です。

漫画やアニメが好きという人でも、腰を据えてしっかりと楽しむ時間がなかなか取れず、最近足が遠のいているという人は少なくないものです。
そのような人にとって空き時間でも楽しめる手軽なアニメというのはニーズに合ったものでありぜひ読んでみたいと思えるものです。
タテアニメを導入することで今までの生活に楽しみが増えることが期待できます。

タテアニメの楽しみ方

タテアニメはスマートフォンにぴったりなタテ型のアニメーションです。
従来のアニメはテレビに合わせて横長の資格のものが定番でした。
それをスマホ画面の形に合わせて配信することで見やすくされています。

さらに、この形でのアニメに仕上げることが必要であるため、配信されているアニメはすべて新作です。
なおかつ1話当たりの尺が3分以内になっているため、空き時間に気軽に楽しめます。

どうしてもアニメを見始めると続きが気になってだらだらと見続けることが出てきがちです。
移動中や会社の休憩、待ち合わせ前のようなちょっとした空き時間に楽しむことができるので、だらだらと見続けることも回避することができます。

アニメの閲覧をするにあたって、どのような話でも第一話は無料で閲覧できます。
また、ログインをするとログインポイントで毎日1話無料で視聴可能になりますし、動画広告を視聴したりSNSで友人にシェアをしたりすればポイントが付与されるのである程度は無料で楽しめます。

もちろん、過去に配信されているものを含め一気に見たいという場合には課金して読むこともできます。
中には無料で禅話読むことのできるコンテンツもあり、まずは無料で楽しんで続けて楽しめそうであれば課金して本格的に楽しむということもできます。

スマホ画面をタテのままでアニメを楽しめるというのは単純な仕組みに見えますが、画期的でとても便利なサービスです。
一度利用したらその便利さに驚くこと間違いなしです。
アニメや漫画が好きというひとは、ぜひ一度試してみましょう。