旅行を快適に?!ふろしき活用法

旅に活用できる風呂敷、知らないと損です

風呂敷というと古めかしいイメージがありますが、風呂敷というのは実に便利なもので、特に旅に利用すると、こんなにも便利な物かと驚きます。
ただ活用方法を知らないと全くその便利さを知りません。

旅に出るとなると、ビニール袋、仕分け用のポーチなど必要になります。
でもごわつきますし、しまいにくい、そんな時、活躍するのが風呂敷です。
旅先で活躍する風呂敷テクニックを知っておくと旅がとても楽になります。

旅行の準備、パッキングに便利

旅行の準備で風呂敷を利用する時には、中身に合わせて包むことができるという事がメリットです。
袋やポーチの場合、炒れるものの大きさによってポーチや袋の大きさを変える必要がありますが、風呂敷はフリーサイズと同じようなもので、中身に合わせて利用できるという点、さらに、皺になりにくいたたみ方、しまい方ができるというメリットがあるのです。

スーツケースにちょっと空間が空いたという時にも、そこに風呂敷を広げて小物を詰めればしっかりしまう事が出来ます。
風呂敷で小物を包めば、荷物が横に寄ってしまう事もありません。

利用方法としては結ばないで風呂敷の四隅を上下左右かぶせるようにして使うという事です。
結び目が出来ないのでものがたくさん入ります。
ポリエステル地の風呂敷の場合、滑りやすく結ぶ必要がありますが、こうした風呂敷は、ダウンコートなどの厚物、がさばるものを入れて結んでいくことで圧縮する事が出来、コンパクト収納が出来るのです。

スーツケースを人の前で開けるという時でも、風呂敷にしっかり包み、キレイに収納されていれば恥ずかしい事もありません。
下着などもパッと見える事がないので、風呂敷は重宝します。

旅先で最大限活用しよう

旅先では風呂敷を色々な大きさのバッグとして活用できます。
風呂敷マイバックの作り方は、色々なところで色々な方法が紹介されていますので知っておくと活用できます。

旅慣れている方は、ちょっとおしゃれな風呂敷をスカーフのように利用したり、寒い時に首に巻いたりします。
風呂敷と考えずに、柄の素敵な布と考えるとテーブルクロスにも利用できますし、色々な用途に利用できます。

旅に行くときにはしっかりとスーツケースに納まった荷物、でも帰りはお土産などもありますので、どうしても荷物が多くなりスーツケースに入りません。
風呂敷があれば風呂敷をサッとバッグの形に結び、お土産や手荷物を入れて運ぶバッグとして利用できます。

お子さんが寒いという時には小さい子なら体にくるっと巻きつけるだけでも防寒になりますし、バッグに小さくたたんで忍ばせておけるのでお土産を急に頂いたときなどにも活用できます。

本を通した体験がテーマ「天狼院書店」

天狼院書店?ってなんだ?

READING LIFEー本を通した体験ー というコンセプトを持っている天狼院は、知っている人も多いのですが、実はよく利用方法がわからないという人も多い場所です。
昼寝が出来るとか、本を買う前に呼んでもいいらしいとか、部活って何のことだ?なんて、ネット上でも天狼院とはなんだ?と質問される方も多く、いまいち、内容がわかりにくいのかもしれません。

そこで、今回は天狼院の使い方について、また何ができるところなのかなどを紹介します。
本屋さんである、という事は間違いないし、ビジネス書籍がとんでもなく多いという事も間違いありません。
メディアで取り上げられることも非常に多い天狼院をご紹介します。

天狼院の使い方

店頭にある書籍はゆっくり読んでもいい、書店内でワイファイ、電源、席を利用したいという場合、360円からのドリンクをオーダーします。
他の書店で購入した本を読んでもよし、休憩場所として利用されるのも構わない場所です。

面白いのはこたつ、夏は冷やしこたつなるものがあり、畳もありますし脱落するソファというものも利用出来ます。

天狼院EXPERIENCEというのは、ゼミや部活、ラボなどのことで、例えば小説家養成ゼミや、フォトゼミ、書籍編集ゼミ、TOIECパーフェクトゼミなど行われています。
部活は、ファナティック読書会やフォト部、落語部、旅部等、大学にあるような部活があり、それぞれ部活に入ると活動できます。
ゼミではプロの講師が登場し、実際に技術や知識を学ぶ事が出来ます。
部活は年齢に境なく、みなさんがそれぞれに楽しまれています。

メゾン・ド・天狼院というサービス

2500円位以上の書籍を購入した場合、プレミアムカードをもらえます。
このカードはメゾン・ド・天狼院の応募券となっていて、カードをためて応募するとカード枚数が多い人から当選となって、自分が選んだ本を天狼院に並べる事が出来るという特典を与えられます。

月1回の入れ替え制となっていて、その方が読んでいる本がどんなものなのか?知る事が出来て楽しいシステムです。

他の書店には絶対にない事が出来る・ある

平日は午後12時から夜の10時、土日祝日は午前10時から夜10時の営業、書店ではありえないことですが、アルコールを飲めるということ、さらに劇団天狼院による演劇の公演もある・・・普通の書店では考えられないことがこの書店にはあるし、出来るのです。

天狼院は書店、でも普通の書店じゃなく、色々な楽しみがあり自由なイメージの書店、という事がいえます。
ちょっと休憩したいという時、本に囲まれたカフェという印象でいってもいいし、書店に本を買いに行くという事で利用してもいいし、お酒を飲みつつ本を読みたいと思えばそう使えばいい、使い勝手のいい書店というのが天狼院といえそうです。

オシャレに学べる!勉強カフェ「ガクト」

落ち着いて勉強できないというあなたへ画期的な場所を提供「ガクト」

家が狭くて自宅でしっかり学びたくても勉強できない、資格取得したいけれど子供がうるさくて勉強できない、実は大人が勉強しようという時、落ち着いて静かに、自分のペースで勉強できる所というのは案外少ないのです。

もちろんお近くに図書館などがあれば勉強できるでしょうし、教室の自習室などが利用できる場合、そこで勉強できます。
でも堅苦しい場所に行くと勉強するのがつらくなるという人も少なくありません。
のんびりリラックスして勉強できる空間があればいいのに・・・と思う事があります。
そんな時に利用してほしいのが、勉強できるカフェのガクトです。

自習室とカフェを合体させた画期的な空間

新宿駅から徒歩3分程度という最高のアクセス地に存在するガクトは、勉強できる場所として空間を貸しているという自習室的なものではなく、くつろぎながらリラックスして本当に自分の勉強できる時間を持てる場所です。
プライベート丸出しの家じゃない、仕事の空間でもない、学ぶ人が本当に気持ちよく勉強できる空間、それがガクトです。

目標達成のためにサポートしたい、本当に有効的な学習が出来る空間にしたい、お手伝いが出来るのならという気持をこめて、「学集」が生まれる場所、「勉強できるカフェ ガクト」が誕生しました。

カフェラウンジ、勉強ルーム、セミナールーム

色々な学習シーンに利用してほしいと願うサービスなので、カフェラウンジに勉強ルーム、セミナールームなどがあります。
カフェを思わせるようなイメージのカフェラウンジはテレビモニターなどを見る事の出来るカウンター席です。

集中して勉強したいという人には、人利用のテーブル席とブースタイプの勉強ルームがあります。
教室型セミナールームもありますので、指導を受けたいという時などにも利用できます。

どんなふうに勉強する事が、自分にとって一番落ち着くことなのか、それを考えて作られたのがガクトです。
おしゃれな空間、でも落ちつきある静かな別空間でリラックスして自分の勉強時間を持つことができます。

種類豊富なフリードリンク

ガクトはフードスクールが母体という所なので、フリードリンクといっても徹底的な拘りを持っています。
コーヒーには数種類のブレンドを日替わりで準備するという熱の入れようです。
店内で抽出するというコーヒーは絶品です。

この他、紅茶やスポーツドリンクなどもあり、有意義に勉強できる空間づくりは、カフェの中にも活かされています。
勉強に疲れたな、集中が切れてきたなと感じたら、フリードリンクで休憩できる、まさしく勉強できる空間となっているのがガクトです。

会費はフルタイム、ラウンジのフルタイム、デイリーフルタイム等コースがあり、利用可能時間もほとんど9時から23時まで利用できるようになっていますので、自分時間で勉強できます。
費用はモーニングコースが一番安く、9時から12時まで利用でき土日祝日利用無で月額税抜5190円です。
フルタイムで施設すべてを利用出来るコースは、平日9時から23時、土日祝日が9時から22時利用でき、月額税抜14590円です。