温泉入り放題になる「baspo(バスポ)」

え?温泉入り放題?baspoって何だ?

ストレス社会に生きる現代人は温泉が大好きです。
忙しく働いて、休日にスーパー銭湯に行くとか、女性一人でも温泉に立ち寄ったり、一泊旅行でのんびりするといった事が行われています。

温泉というと利用する年齢層が少々高めというイメージがありましたが、現代は若い女性も温泉が好き、またスーパー銭湯などが多数できたことで、温泉に行くことがそれほど遠くに行くという事でなくなっています。
手軽に利用できるストレス解消方法として、温泉に行くということが定着しているのです。

そんな中、「いつでも温泉どこでも温泉を身近に」というコンセプトで登場したのが、温泉入り放題のアプリ、その名もbaspo「ばすぽ」です。

baspoとは?

Baspoはいつでもどこでも好きなだけ各地の温泉を楽しんでほしいとして作られた温泉アプリです。
月額980円(税抜)を支払う事で全国各地の温泉、銭湯に入り放題になるというアプリなんです。
温泉に行く回数が多い人ほどお得になるアプリbaspoを利用される方が増加中です。

日本全国のbaspo加盟の温泉、銭湯ならいつでもどこでも入る事が出来ます。
月額980円という定額制です。
期間限定のサービスやイベント、特典なども用意されていて実に充実しています。
アプリをダウンロードして会員登録を行う事で即利用できます。

会員登録から利用の流れ

baspoをダウンロードして仮登録を行います。
メールアドレスで仮登録しbaspoから送られてきたメールのURLをクリックしサイトに入り本登録を行います。
会員登録が済むとそれから1カ月単位で月額980円(税抜)料金が発生します。

温泉を利用される際には、まず登録されている温泉、銭湯を確認し、利用する場所を選択します。
各施設にbaspo利用のナンバーがふられているのでそれをログイン後、サイト上部にあるところに入力します。
入力完了すると施設確認用ページに移動するので、それを温泉のスタッフの方に提示すれば温泉に入る事が出来ます。

温泉に行くことが多いという人に断然お得なアプリです

温泉は安いところでも通常500円位しますし、中には1000円以上という所も少なくありません。
こうしたことを考えると、月額税抜980円で温泉と銭湯に入り放題というのは魅力です。

メリットを考えてみると、まず、今まで利用したことがないような温泉や先頭でも、気軽に利用しようという気持になるという事です。
高いとか安いとか考えずに利用できます。

施設側もこうしたサービスを利用することによって、稼働率がよくなりますし集客という面でも高いメリットが発揮されるでしょう。
イベントやキャンペーンなどについてもbaspoで勝手に広告してくれるのですから、これから利用者は拡大していくと考えられます。

営業する側も利用する側もお得なbaspo、旅行に行く機会が多い、出張で温泉や銭湯に行くことが多いという方は持っていると便利です。

声で聴くニュース「Voicy(ボイシー)」

ニュースを読むのではなく聴くという時代へ「Voicy」

ニュースをスマホや携帯、パソコンで読むという事はすでに多くの方が利用されていることです。
スマホでニュースを検索し画像で見るという方も多いと思いますが、そういった事ではなく、複数のニュースソースの記事を、自分が気に入ったパーソナリティの声で聴くことができるというのが、ラジオアプリVoicyです。

リスナーは好きなパーソナリティをフォローし、自分が聞きやすいと思った番組を楽しむことができます。
提携する複数のニュースソースからクラウドソースされている複数のパーソナリティが読み上げてくれる、リスナーからパーソナリティにコメントなども送信できるという相互関係も魅力的なアプリです。

色々な事が出来るVoicy

一方的にニュースを読んでもらうという事ではなく、リスナーから読んでほしいと思う内容を伝えたり、パーソナリティはVoicyからニュース記事を提供されます。
パーソナリティはiPhoneを利用し音声をいつでもどこでも録音できVoicyにアップロードします。

通常こうした音声は編集などが入り聞きやすくするわけですが、Voicyはそういった作業を行わずそのままリスナーに届けます。
スタジオ収録などの面倒もなく、読み手と聴き手がストレスなく利用できる新しい形のニュースアプリというイメージです。

パーソナリティは売り込み情報として利用できる

リスナーは好きな時間に好きな声でニュースを聴くことができるというメリットがあり、パーソナリティにもメリットがあります。
このVoicyで利用している自分がパーソナリティとして録音した音源を、事務所、クライアントに宣伝できるのです。
今後、Voicyは新人発掘の素材としても利用していきたいという事を告げていて、一般からもパーソナリティを募集する予定という事なので、これから先も楽しみです。

チャンスが得られない状態の方も、Voicyのパーソナリティとして経験と実績を積み、多くの方が聴いてくれる声なのだという事が関係者に理解されれば、何らかの道が開けるかもしれません。

通勤途中、スマホを「見ずに」情報を入手できる

イヤホンで音楽を聴くように、Voicyを利用すれば通勤途中の交通機関の中でもイヤホンでニュースを音声によって聴くことができます。
歩きスマホが問題視されている中、こうしたアプリが出来ることは、歩行者のみならず運転中のドライバーにとっても利用出来る安心のアプリです。

通勤の途中でニュースを仕入れることが仕事につながる方もいますので、これからこのアプリVoicyは幅広い方々に利用されていくと考えられます。
リスナーとパーソナリティが繋がりを持っているという魅力あるアプリVoicyをみなさんも利用されてみてはいかがでしょうか。

インテリアに迷ったら「iemo(イエモ)」

インテリア・住まいの知恵が欲しい・・そんな時にはiemo

一人暮らしをするとき、素敵な家具が欲しいとか、家を建てる際にアイデアが欲しいなど、住宅、住まいに関する情報が欲しいという時役立つアプリがあります。
知恵とアイデアをシェアして暮らしを豊かにしようというアプリが、iemoです。

iemoの特徴は、家づくりの参考となる情報、アイデア、暮らしのちょっとしたお役立ち情報などを日々、3万記事にも及ぶ情報量で提供してくれるという事、さらに月間1500万人もの方が利用されているということ、建築家やインテリアデザイナー、リノベーション事業者などの住まいのプロが1500社、家、住まいづくりをサポートしてくれることなどが挙げられます。

フェイスブックでもiemoの情報から実際にやってみたことが共有され、62万人ものファンがいいね!をあげているのです。

iemoからのメッセージがわかりやすい

どういう時に利用したらいいアプリなのか?いまいちその利用方法がわからないというアプリもありますが、iemoからのメッセージはとてもわかりやすく伝わります。

「家を、もっと。暮らしを、もっと。」「理想の家は、頭の中にありますか。」「収納や部屋のアレンジを楽しみに変えよう」さらに、「知恵とアイデアをシェアすれば、日本の、家の暮らしも、変わっていく。」というメッセージ、これは暮らしにアイデアが欲しい、住宅建築に情報が欲しいという時、心にふと入ってくるメッセージとなっています。

自分の生活に役立つ情報が欲しいと思って利用するのですから、身近であり、すぐにでも生活の中に取り入れやすい情報が詰まっているという事や、建築やリノベーション、インテリアのプロが実際にそのアイデアや情報を提供してくれるというアプリは、実用性が高いアプリという事です。

例えばこんな記事が

100円インテリア、この言葉を見ただけでもこれなら私も利用出来るかもと考えられます。
わずか100円で素敵に変わったお部屋の様子やインテリアなどを実際に紹介している記事なので、一人暮らしであまりお金を使えないという人にとっても、すごく実用的な情報となります。

プチプラで人気の大型家具店のニトリ、すでにみなさんもご存知のようにお安いインテリアを提供してくれる強い味方なのですが、安いだけじゃなく、トレンドを取り入れたアイテムも登場しているニトリについて、「実用的でかわいいニトリのインテリア」という記事で紹介されています。

どのような商品があるのか知りたいという人にとって、こうした紹介の仕方をしてくれている記事はとても助かるでしょう。
身近にインテリアや住まいの情報に秀でた人がいなくても、このiemoというアプリがあれば、ちょっとしたすきま時間に、住まいのアイデア情報を探す事が出来るのです。