外国人に道を聞かれたら

日本人は基本的に英語がうまくない

英語が母国語ではない国でも、英語は世界共通言語という事で、どの国に行っても仕事などで困ることが無いようにと、英語の教育を小学校年代から行っています。
それは日本と比較して、本当に本格的なもので、文法どうこう、スペルどうこう、という事ではなく、会話できるという事に重点を置いています。

しかし現代、グローバル社会となり日本国内にも外資系企業がかなり多くなっているという時代になっていても!日本の英語教育はまったく世界に追い付いていない状態です。
あれほど、中学、高校年代で英語の授業に時間を割いても、会話できないという事では意味がないのです。

海外で日本語が通じる国がありますが、その国の方々は日本が好き、日本人観光客が多いなどの理由から必死に日本語を学びます。
かたことでも日常会話くらいわかるというくらいになり、私たち日本人とコミュニケーションをとろうとしてくれます。
日本人だって、先進国の人として、外国の方が英語で尋ねてきたとき、迷うことなく案内などができるようになっておくべきなのです。

道案内だけでもスマートにできるようになりませんか?

道案内を身振り手振りで伝える外国人の方をみていると、大変そうだな・・・と感じてしまいます。
もし日本人の英語が英語圏の人間に通じるものなら、こうしたことも起こらないのにと思うのです。

道案内をするときはまず、相手の話をよく聞くことです。
外国人は英語の先生とは違い、早口で何を言っているのか理解できない事も多いです。
でもなんて言っているんだろう?という気持ちをしっかり持って、聞き取ろうという気持ちを持つと、会話の中に出てくる単語から、何となく海外の方が聞こうと思っている事が理解できるようになります。

また、実際に海外の方が日本という外国にきて尋ねるフレーズが決まっていて、○○はどこにありますか?とあ、○○への行き方を教えてくださいとか、○○へはどうやっていけばいいですか?など、たいていきまっています。

このよく問われるフレーズを覚えておくだけでも、ああ、こうしたいんだな、この場所に行きたいんだな?とわかるようになるのです。

おもてなしの国なのだから

日本は海外の方が旅行でやってきて、「親切だ」「おもてなしの心を教わった」「誰もが優しくて丁寧で礼儀正しくうれしかった」などといわれる国です。
そんな国なのに、海外の方がおとずれて質問を投げかけ、困っている時に対応できないのでは困ります。

Do you know where ~ is? How do I get to ~? Could you tell me how to get to ~?
等の文章を覚えておき、対応できる力位つけることは難しい事ではないはずです。
グローバル社会に、今、もう既になっているのですから、大人の「たしなみ」として、このくらいの英語をこなす人になってほしいと感じます。」

乗るだけマッサージ!足つぼボード

むくみを無くしたいならやっぱり足裏マッサージでしょう

事務系OLさんにとって、足のむくみは仕方のない事、とあきらめていないでしょうか。
確かにパソコンの前に座って作業を行うOLさんは、座って動くことが少なくなりますし、洋服の販売員も、立ったまま、座ることがないのでどうしても足がむくみます。

足をきゅっと引き締めて血行促進するグッズなどもありますが、やはり、足裏を直接刺激する方が即効性もあるし、効果も高い、足裏マッサージの方法を覚えることで、足のむくみ、嫌な脱力感などを無くすことができるかもしれません。

たった5分でいい、ポイントをつかめばできる足裏マッサージ

本格的にほぐすという事になると、どうしてもリフレクソロジーの力を借りることになりますが、足のツボ、ポイントを覚えておくことで、セルフ足裏マッサージができます。
例えば、土踏まず、ここは足がつる場所だし、長く同じ姿勢でいると、土踏まずをぐっと押すだけでもかなり気持ちがいいと感じます。

両手の親指で土踏まずをゆっくり押す、1回1回、10秒から15秒程度、指圧を行い、全体にゆっくりマッサージしましょう。
テレビを見ながらでもいいので、ゆっくり焦らず行うのがコツです。

土踏まずという場所は、膵臓、大腸など消化系器官に関連するツボが詰まっていて、涌和泉というストレス解消につながるツボのあるので、ストレスの多いOLさんにぜひ、刺激してほしいツボです。

かかとでむくみと不眠をしっかり解消

足裏マッサージというと、かかとってあまりイメージしませんが、実はこのかかと、足のむくみを改善するために重要な個所なのです。
かかとを手の平でつかむようにして、側面を10秒から15秒くらい握るように圧迫します。
次にかかとのそこをゆっくり、10秒から15秒くらい指圧します。

足のむくみがすっきりする事と、代謝の向上につながることで、ゆっくり眠れるといわれるツボです。
むくみがある人は、このかかとのマッサージをしっかり行うと、すっきりします。

足のむくみには、足首、アキレス腱の少し下をつまむようにすると効果があるといわれます。
アキレス腱の下部分をつまむようにゆっくり指圧し、くるぶしの周りもゆっくりやんわりと揉みます。

かかとと同じようにくるぶし付近もむくみに重要なツボがあります。
余り強く指圧せず、痛気持ちいというくらいに指圧するといいでしょう。

足裏マッサージのコツ

かなり痛い、というのはよくありません。
足裏マッサージをテレビなどで見ると、痛くてのた打ち回るような映像が流れますが、自宅、セルフで行う場合、痛い、でも気持ちがいいなというくらいの圧力で行うと効果が出やすくなります。

また長くやればいいという事はありません。
通常、15分くらい、自宅で自分で行うという事なら、1日5分から10分くらいで充分です。

旅行を快適に?!ふろしき活用法

旅に活用できる風呂敷、知らないと損です

風呂敷というと古めかしいイメージがありますが、風呂敷というのは実に便利なもので、特に旅に利用すると、こんなにも便利な物かと驚きます。
ただ活用方法を知らないと全くその便利さを知りません。

旅に出るとなると、ビニール袋、仕分け用のポーチなど必要になります。
でもごわつきますし、しまいにくい、そんな時、活躍するのが風呂敷です。
旅先で活躍する風呂敷テクニックを知っておくと旅がとても楽になります。

旅行の準備、パッキングに便利

旅行の準備で風呂敷を利用する時には、中身に合わせて包むことができるという事がメリットです。
袋やポーチの場合、炒れるものの大きさによってポーチや袋の大きさを変える必要がありますが、風呂敷はフリーサイズと同じようなもので、中身に合わせて利用できるという点、さらに、皺になりにくいたたみ方、しまい方ができるというメリットがあるのです。

スーツケースにちょっと空間が空いたという時にも、そこに風呂敷を広げて小物を詰めればしっかりしまう事が出来ます。
風呂敷で小物を包めば、荷物が横に寄ってしまう事もありません。

利用方法としては結ばないで風呂敷の四隅を上下左右かぶせるようにして使うという事です。
結び目が出来ないのでものがたくさん入ります。
ポリエステル地の風呂敷の場合、滑りやすく結ぶ必要がありますが、こうした風呂敷は、ダウンコートなどの厚物、がさばるものを入れて結んでいくことで圧縮する事が出来、コンパクト収納が出来るのです。

スーツケースを人の前で開けるという時でも、風呂敷にしっかり包み、キレイに収納されていれば恥ずかしい事もありません。
下着などもパッと見える事がないので、風呂敷は重宝します。

旅先で最大限活用しよう

旅先では風呂敷を色々な大きさのバッグとして活用できます。
風呂敷マイバックの作り方は、色々なところで色々な方法が紹介されていますので知っておくと活用できます。

旅慣れている方は、ちょっとおしゃれな風呂敷をスカーフのように利用したり、寒い時に首に巻いたりします。
風呂敷と考えずに、柄の素敵な布と考えるとテーブルクロスにも利用できますし、色々な用途に利用できます。

旅に行くときにはしっかりとスーツケースに納まった荷物、でも帰りはお土産などもありますので、どうしても荷物が多くなりスーツケースに入りません。
風呂敷があれば風呂敷をサッとバッグの形に結び、お土産や手荷物を入れて運ぶバッグとして利用できます。

お子さんが寒いという時には小さい子なら体にくるっと巻きつけるだけでも防寒になりますし、バッグに小さくたたんで忍ばせておけるのでお土産を急に頂いたときなどにも活用できます。