100円ショップの便利グッズ

安くて便利

100円ショップは日用品の多くが販売されているので、ちょっと欲しい物ができたときについつい立ち寄りたくなりますね。
最初は1つ2つのアイテムだけを買いに行くつもりが、入ってみたらいろいろ目移りをしてしまいいつの間にやらカゴが一杯にということも多くの人が経験していることと思います。
そんな100円ショップですが、実は買ってお得なものと損なものとがあったりします。
100均ショップマニアではほぼ常識的な知識ですが、すべての品物を100円(税抜き)で取り扱う100均ショップでは、利益を出すために100円でかなり得する商品と、100円では原価ギリギリという商品との両方を並べています。

お店として利益を確保するのは当然なのでそれはよいのですが、消費者側としては100円ショップに入ったときに目にした品物を「安い!」と思って購入したら、実はよそで買った方がずっと安かったというようなことがわかると少しがっかりしてしまいます。
なので100円ショップで衝動買いする前に、100円で買って得するグッズと損するグッズをしっかりと覚えておいた方がよいでしょう。

生活のお助け

まず100円で買って圧倒的にお得なのが、「便利系グッズ」です。
便利系グッズとしては、食品などを細かく保存することができるジップパックや、収納に使用できる箱型のアイテムです。
他にも別のお店では見かけることができないアイディアグッズが細かく入れ替わり入荷されていたりするので、そうした珍しいものはチェックをしておきたいところです。
個人的にも愛用しているのが収納用品で、書類を収めるA4ケースや押入れやお風呂で使えるプラスチックの重ね置きボックスなどは、単体でも複数でも省スペースで使用できる大変使い勝手のよい品物です。
プラスチック製品は全般的に良質のものが多いので、収納用にまとめ買いをしておくのがよいでしょう。

100円より安い物

反対にちょっと注意が必要なのが、文具類と食器類です。
文具類のコーナーにはシャープペンシルやボールペン、消しゴムなどの製品が並んでいますがそれらは他の文具専門店で購入した方が安いことが多いものも入っています。
また仮に価格的には100円ショップの方が安くても、シャープペンシルの芯や消しゴムは実際に使用したときの機能性がかなり問われてくるので、その点では100円ショップの底値のものは結局使えなくて損をするということもあります。
また食器類についても同じで、ほとんどは100円で購入できるのはありがたい価格帯の製品なのですが、コップや小皿などはホームセンターなどの方が安いこともよくあります。