心を込めた文章作成に「代筆代行サービス」

手書きの代理

最近は、パソコンを使ったワープロソフトなどで手軽に文章作成ができてしまうので、自分で文字を記入するという機会がぐっと少なくなりました。

そのため、子供のときからあまり文字を練習する機会を持てずに、手書き文字に苦手意識を持ったまま時間が過ぎてしまっている人も多くいます。
ですが、社会生活を送っているとどうしても直筆で文章を作成しなくてはいけない場面が出てきます。
就職先を探すための履歴書や、頂き物やお祝いがあったときのお礼状の作成、他にも企業宛におくる書面作成や、恩人への年賀状など、パソコンなどで作成した文字ではどうしても気持ちをうまく伝えることはできません。

かといって自分で文字を記載してしまうと、うまく書くことができずにかえって失礼に感じられてしまう可能性もあります。
そこで便利に利用することができるのが、代筆代行サービスです。

代筆代行サービスを行なっているのは、北海道にあるその名も「代筆代行サービス」です。
注文をする前にはどのような文面をどんなふうに(原稿用紙、手紙、ハガキ、履歴書など)作成するかをあらかじめ連絡をして、見積もりをしてから本式に注文となります。

料金は文章を書く書面や長さによって大きく変わるので、一度見積もりをしてからの注文の方がよいでしょう。
もし出来上がった書面に誤字脱字があった場合などには書き直しをしてもらうこともできます。(原本にあったご脱字は除きます)。

紹介サイト:代筆代行サービス

代筆代行サービスのよいところは、親戚や知り合いなどに頼むと気を遣って思うように訂正や打ち合わせができないところ、ビジネスとして割り切って話し合いができるということです。
どんな場面でどのように使うかを指定することで、文字体を若干変更してもらうこともできます。

緊急時には是非

他人に文字を書いてもらったら心がこもらないのではないか?と考える人もいるかもしれませんが、それは誰もがうまい字を書くことができるということが前提です。
直筆で長文を書かなくてはいけない場面は突然にやってくるものなので、必要になってから訓練をするというわけにはいきません。
なお、この代筆代行サービスでは文章そのものの作成も別オプションとして受けているそうです。

長い文章を書くことが苦手という人は、そちらも相談をしてみるとよいでしょう。注文はインターネットでのサイトの他、電話でも受付をしています。
定期的に無料モニターも募集されているようなので、気になる人は定期的にチェックなどしてみてください。