心を込めた文章作成に「代筆代行サービス」

手書きの代理

最近は、パソコンを使ったワープロソフトなどで手軽に文章作成ができてしまうので、自分で文字を記入するという機会がぐっと少なくなりました。

そのため、子供のときからあまり文字を練習する機会を持てずに、手書き文字に苦手意識を持ったまま時間が過ぎてしまっている人も多くいます。
ですが、社会生活を送っているとどうしても直筆で文章を作成しなくてはいけない場面が出てきます。
就職先を探すための履歴書や、頂き物やお祝いがあったときのお礼状の作成、他にも企業宛におくる書面作成や、恩人への年賀状など、パソコンなどで作成した文字ではどうしても気持ちをうまく伝えることはできません。

かといって自分で文字を記載してしまうと、うまく書くことができずにかえって失礼に感じられてしまう可能性もあります。
そこで便利に利用することができるのが、代筆代行サービスです。

代筆代行サービスを行なっているのは、北海道にあるその名も「代筆代行サービス」です。
注文をする前にはどのような文面をどんなふうに(原稿用紙、手紙、ハガキ、履歴書など)作成するかをあらかじめ連絡をして、見積もりをしてから本式に注文となります。

料金は文章を書く書面や長さによって大きく変わるので、一度見積もりをしてからの注文の方がよいでしょう。
もし出来上がった書面に誤字脱字があった場合などには書き直しをしてもらうこともできます。(原本にあったご脱字は除きます)。

紹介サイト:代筆代行サービス

代筆代行サービスのよいところは、親戚や知り合いなどに頼むと気を遣って思うように訂正や打ち合わせができないところ、ビジネスとして割り切って話し合いができるということです。
どんな場面でどのように使うかを指定することで、文字体を若干変更してもらうこともできます。

緊急時には是非

他人に文字を書いてもらったら心がこもらないのではないか?と考える人もいるかもしれませんが、それは誰もがうまい字を書くことができるということが前提です。
直筆で長文を書かなくてはいけない場面は突然にやってくるものなので、必要になってから訓練をするというわけにはいきません。
なお、この代筆代行サービスでは文章そのものの作成も別オプションとして受けているそうです。

長い文章を書くことが苦手という人は、そちらも相談をしてみるとよいでしょう。注文はインターネットでのサイトの他、電話でも受付をしています。
定期的に無料モニターも募集されているようなので、気になる人は定期的にチェックなどしてみてください。

別荘をシェアリングする「BigWeek」

シェアサービス

休日・休暇を利用してふらりと景色のキレイな別荘に行きたいなと思う人に便利なのが、別荘をシェアリングすることができるサービスです。
別荘を時間を決めて複数の人でシェアリングをするサービスを展開しているのは「Big Week」というサイトです。

ビッグウィークでは、観光地でのホテル利用や場所を探すといった手間を省き、もう一つの自宅という感覚でペンションでの生活をすることができるという便利なサービスを提供してくれています。
ビッグウィークを運営しているのは東急電鉄で、全国各地にある12施設の中から自分の好みにあったものを自由に選ぶことができます。

紹介サイト:別荘をタイムシェアするリゾート会員権 東急電鉄のビッグウィーク

ビッグウィークでの「タイムシェア」とは、一年のうち好きな時期に使える1週間券を購入し、事前に予約をして好きな時期に利用をします。
1週間券は1泊から自由に使うことができるので、連続しても分割でも休日のスタイルに合わせて利用をすることができます。

別荘施設の多くは6人単位で泊まれるような大きな施設なので、夫婦や恋人だけでなく家族みんなで一緒に利用することもできます。
さらに、別荘のフロントには24時間体制でスタッフが常駐してくれるので万が一のトラブルのときにも安心です。

メリットから得た事業

ビッグウィークというサービスができたのは、別荘を個人所有するリスクや管理費、観光地でのホテル手配の時間制限や料金をおさえることができるメリットがあるためです。
不動産価格が下落したことで、地方で別荘を購入することはそれほど難しくはなくなりましたが、それでも掃除の手間や管理費用はかなり多額の費用が必要になってしまいます。

せっかく購入した別荘も一年の内そう何度も利用をするわけではないので、空き家の管理のための誰かを住ませたり、定期的に掃除をする人を雇わなくてはいけません。
観光地でホテルを手配する場合には、行ってみないとどんな部屋かがわからなかったり、チェックイン・チェックアウトの時間を常に気にして行動をしなくてはいけません。

その点、別荘ならその日に自由に出入りができるし、キッチンやリビングがあるので食事も自由に用意することができます。
出るときには掃除をしたりする必要もなく、連泊をするときも毎日タオル交換をしてもらえます。

数年分まとめてチケットを購入するとポイントがたまるしくみもとられているので、そのポイントを使って会員限定のサービスを受けることもできます。宿泊料金もホテルに比べてお得な場合がほとんどなので、今後も利用シーンは増えていくことでしょう。

外食価格をおさえる「試食会.jp」

試食のメリット

会員登録することで、お得なサービスを受けられたり情報を受け取れたりするサービスはWeb系を中心にたくさんあります。
その中でも個人的にかなり注目度が大きいのが、外食時に通常料金から5~8割も価格をおさえて利用をすることができるというサービス。
それが都内でコンテンツ事業を展開している株式会社リゾルブが運営している「試食会.jp」です。
紹介サービス:試食会.jp

試食会.jpではサイト上に掲載されている飲食店の場所やメニューから好きなものを選び、インターネットを通じて予約をすることで、掲載されている割引価格で利用をすることができるようになります。

飲食店の予約サービスは数量限定で基本的には早い者勝ちとなっているので、ちょっとした空き時間を見つけて予約を入れておけば、家族や友人同士などでお得においしい食事をすることができます。
飲食店側にとっても、試食会.jpに情報を掲載してもらうことでクーポン券を発行するよりも安く集客をすることができます。

また、初回費用を安くおさえた限定価格にすることで、初めてのお客さんを呼び込みしやすく、次回以降のリピーターになってもらえる可能性を高めることができます。
さらに、完全会員制なので同じ人が何度もお試し価格を利用するということを避けられます。
利用者も、会員登録をすることで実際に予約をしたお店で食事をすることでポイントをサイト上でためることができるので、たまったポイントを他の飲食店での利用に回すことができます。

レビュー情報も得られる

また利用後にはそのお店の印象や味などについてのレビューを書くことができるので、これから利用をするお客さんにとっての参考にもなります。
インターネット上には無料の飲食店レビューサイトも多くなっていますが、匿名で無料で利用ができることから、情報量が多いわりにライバル店や業者によるステマ広告の可能性も高くなってしまっています。
その点、会員登録制で実際に利用したあとからの記載となれば、信頼性の高い情報として集めることができるわけです。

試食会.jpのメリットは他にも、毎回違ったお店が入れ替わり掲載されていくことで、なんとなく外食はしたいのだけれどもどこがいいか迷っているというときの利用にも向いています。
会員登録時の個人情報の一部(性別、年齢、居住エリア)などによっては掲載されるお店の内容も異なってくるので、お店側と利用者側の両方にとって大きなメリットがあるサービスといえます。