外国人に道を聞かれたら

日本人は基本的に英語がうまくない

英語が母国語ではない国でも、英語は世界共通言語という事で、どの国に行っても仕事などで困ることが無いようにと、英語の教育を小学校年代から行っています。
それは日本と比較して、本当に本格的なもので、文法どうこう、スペルどうこう、という事ではなく、会話できるという事に重点を置いています。

しかし現代、グローバル社会となり日本国内にも外資系企業がかなり多くなっているという時代になっていても!日本の英語教育はまったく世界に追い付いていない状態です。
あれほど、中学、高校年代で英語の授業に時間を割いても、会話できないという事では意味がないのです。

海外で日本語が通じる国がありますが、その国の方々は日本が好き、日本人観光客が多いなどの理由から必死に日本語を学びます。
かたことでも日常会話くらいわかるというくらいになり、私たち日本人とコミュニケーションをとろうとしてくれます。
日本人だって、先進国の人として、外国の方が英語で尋ねてきたとき、迷うことなく案内などができるようになっておくべきなのです。

道案内だけでもスマートにできるようになりませんか?

道案内を身振り手振りで伝える外国人の方をみていると、大変そうだな・・・と感じてしまいます。
もし日本人の英語が英語圏の人間に通じるものなら、こうしたことも起こらないのにと思うのです。

道案内をするときはまず、相手の話をよく聞くことです。
外国人は英語の先生とは違い、早口で何を言っているのか理解できない事も多いです。
でもなんて言っているんだろう?という気持ちをしっかり持って、聞き取ろうという気持ちを持つと、会話の中に出てくる単語から、何となく海外の方が聞こうと思っている事が理解できるようになります。

また、実際に海外の方が日本という外国にきて尋ねるフレーズが決まっていて、○○はどこにありますか?とあ、○○への行き方を教えてくださいとか、○○へはどうやっていけばいいですか?など、たいていきまっています。

このよく問われるフレーズを覚えておくだけでも、ああ、こうしたいんだな、この場所に行きたいんだな?とわかるようになるのです。

おもてなしの国なのだから

日本は海外の方が旅行でやってきて、「親切だ」「おもてなしの心を教わった」「誰もが優しくて丁寧で礼儀正しくうれしかった」などといわれる国です。
そんな国なのに、海外の方がおとずれて質問を投げかけ、困っている時に対応できないのでは困ります。

Do you know where ~ is? How do I get to ~? Could you tell me how to get to ~?
等の文章を覚えておき、対応できる力位つけることは難しい事ではないはずです。
グローバル社会に、今、もう既になっているのですから、大人の「たしなみ」として、このくらいの英語をこなす人になってほしいと感じます。」