カテゴリー別アーカイブ: 【サービス】

ネット専用クレジットカード「Vプリカ」

「V-Preca」を知っていますか?

インターネットを使った通販は、今や老若男女問わず使用をされています。

買い物をするときにはどういった方法で代金を渡すかということを選択しなくてはいけませんが、主流となっているのはクレジットカード決済です。

クレジットカード決済はワンクリックで買い物が終了できる大変便利な方法ですが、ショッピング枠として設定されている金額は最低でも数十万円になっており、気がついたら限度額ギリギリまで使ってしまっていたなんてこともあります。

また学生や退職した後の人など、クレジットカードを作りたいけれどもなかなか審査に受からないというようなこともあります。

クレジットカード本来の翌々月支払いなどの機能や、キャッシング、付帯する保険などはいらないので決済方法だけ使いたいという人もいるでしょう。

そういった人のために便利なのが「V-Preca(ブイプリカ)」という決済用のクレジットカードの代替サービスです。

「V-Preca」はクレジットカード会社大手のライフカードがVISAカードと提携して行っているもので、決済に用いることでクレジットカード発行を断られた人でも手軽に同等の決済手段として使うことができます。

実際にはカードは発行されません

クレジットカードの代替サービスというと、同じようにプラスチック製のカードが発行されるのではないかと思うところですが、この「V-Preca」はオンラインで登録を使用をする完全バーチャル決済のためのサービスです。

使用方法はまずV-Precaの公式サイトに行き、そこで必要な登録情報を送信します。

そこでまずアカウントを開設しそこに金額を入れていくという方法になります。

登録が完了すると画面上に自分のカードがWeb上の画面で確認することができるようになるので、その内容(カード番号、有効期限など)に従って各種の決済をしていきます。

入金の方法は既に発行済のクレジットカードの他、コンビニでの支払いやインターネットバンキングからの振込といったものがあります。

アカウントをわざわざ登録しなくてもすぐに使えるプリペイドカード式のギフトカードもコンビニでは販売されているので、誰かにプレゼントとして使用できるカードをあげたいという場合に便利です。

使いすぎを防ぎお金の管理がしやすくなります

クレジットカードを持っている人ならわざわざこのV-Precaを使う必要なんてないんじゃないか?と思う所ですがそんなことはありません。

近年では登録していたクレジットカードの番号などの情報が漏洩してしまい不正使用されてしまうような事例が多数報告されています。

特にオンラインゲームでの課金では、サーバー内にハッキングをして他人のクレジットカードでゲームアイテムを購入したりするような集団もいるので、むやみに本当のカード情報を登録するのは危険です。

また子供がいる家庭では、親の目を盗んで勝手にクレジットカードで買い物をするというケースもあります。

そうしたときに擬似カードとしてこうしたV-Precaのような入金した分までしか使えないというしくみにしていくことで、万が一の情報漏洩や不正使用があっても被害を最小限にとどめておくことができます。

女性専用の便利屋

できれば誰かにお願いしたい仕事だけれども、専門の業社はどこにお願いすればよいのかわからないというようなことは、生活をしていると結構たくさんあります。
特に親元を離れて一人暮らしをしている若い女性などは、一人だけでは難しい仕事があったりするものです。
友人などに頼れればよいのですが、ちょっとプライバシーに関わることであったり、それほど親しくもない男性を家に上げるもの抵抗があるということもあります。
また友人や知人にお願いするとあとあとの人間関係に響いてきたり、結局なんらかの御礼をしないといけないので高くついてしまったりということもあったりします。
そんなときに便利なのが、女性専用の便利屋です。

「便利屋」という職業は昔からたくさんあり、小さな企業などでもとにかくなんでもやりますという謳い文句で部屋の掃除からゴミ捨て、その他雑用一般から粗大ごみ処理や住宅の修理まで、なんでも引き受けるという業務を商売にしてきました。
そんな「便利屋」の中でも今注目なのが、お客さんを女性に限定したサービスを提供する仕事です。

女性専用の便利屋では、スタッフの多くを女性にしており力仕事などどうしても男手が必要な場合を除いて女性が業務を担当していきます。
便利屋に何かを頼みたいのだけれども知らない男性と部屋で二人きりになるというのは怖いという人のために、不安を感じている点をあらかじめ調べて人選をしながら人を派遣していくようになっています。
実際の業務内容としては、本人が留守にしているときの掃除や片付け、住宅まわり全般の清掃に始まり、家事一切や荷物・クリーニングの受け取りなどがあります。

その他にも、冠婚葬祭やパーティーなどでの代理出席や場所取り、ライブや病院などでの順番待ち代行、同行者がほしいときの付き添いといったことも頼まれれば便利屋さんが担当してくれます。
職業名が「便利屋」というくらいですから、よほどの専門知識が必要となるようなこと以外ならほとんどは引き受けてもらうことができます。
場合によっては彼氏や夫の気持ちを確認するためのサクラになってもらったり、相談に乗ってもらうというようなことまでもしてくれる業社もあります。

噂のどうぶつカフェに行ってみる

どうぶつカフェの成り行き

HIRA85_oteirecyuunikocchimiru500都内近郊には動物たちと店内で触れ合うことができる「どうぶつカフェ」がたくさんあります。
ブームが始まったのは10年くらい前に「猫カフェ」がオープンしたあたりからの気がしますが、今ではその他にも犬カフェ、猛禽類カフェ、爬虫類カフェ、金魚カフェとかなりたくさんの種類のお店が営業をするようになっています。

ただブームの頂点になったのは2007~2008年くらいだったので、今では勢いだけで出店したお店の中には赤字経営で撤退を始めたところもかなりあるようです。
そうしたところの中にはお店で接客を担当させていた動物たちを簡単に処分したり、餌も与えずに放置していたような不心得なところもあるようで、いくらブームであったとはいえ無責任に命ある存在を商売に利用した人たちには怒りを感じます。

そんなこともあって、現在営業を続けているどうぶつカフェの多くは、オーナーさんが本当にその動物たちが好きで仕事をしているようでとても安心できます。
もともと猫カフェの始まりも、個人の喫茶店での営業中に飼い猫を目当てで訪れる人が多かったことから接客の中心にしてしまおうという発想のようですし、本来はそうした動物が好きな人にこそ行ってもらいたい営業方法です。

色々なカフェ

数あるどうぶつカフェですが、特に人気が高いのはふくろうやタカなどの猛禽類を扱う猛禽類カフェです。
都内では三鷹市にある「鷹匠茶屋」がもっとも有名なお店です。
鷹匠茶屋では、お店のオーナーがそもそも鷹匠で、ご本人がプロデュースしたというグッズもお店には売られています。
マスターである佐々木さんは本当にタカが好きだそうで、小学生のときからタカを飼うことに憧れて鷹匠のもとを訪れていたのだとか。

鷹匠茶屋では猛禽類のためのスペースがあり、時間制限はあるもののそこでは近くに寄って写真を撮影したりすることができます。
意外なことに猛禽類の寿命は20~30年くらいと大変長いものらしく、しかも犬のように毎日外を散歩させる必要もないので、自宅でふくろうやタカを飼う人も静かに増えているのだそうです。
猛禽類カフェを訪れるお客さんの6~7割はなんと女性の人であるともいいます。
一人暮らしの女性などはペットを飼いたいと思うものの、どうしたらよいかわからないということもあるようで、そんな人達の相談もこのどうぶつカフェではされているのだということです。
都会にいるとなかなかぬくもりのある動物に触れる機会はないものですから、とてもよい癒やしの空間になります。