カテゴリー別アーカイブ: 【雑記】

マンガと作者の出身地について

漫画の土地

私はマンガが好きで普段からたくさん読んでいるのですが、先日ふと漫画家が多いと言われる都道府県はどこだろうということが気になりました。
もっとも漫画家と言ってもプロとして活躍されている人だけでもかなりの数となっており、兼業的に行っている人やアマチュアであるけれどもプロ並みにお金をもうけている方もいるので厳密な数を把握することは不可能であるかと思うので、たぶん数字的にはイメージなども関係しているのではないかと思われます。

それを承知でいろいろと調べてみたところ、日本国内の都道府県において人口比率からの漫画家の数が多い都道府県として並べられるのは、福岡・新潟・北海道・高知あたりになるようです。
高知県などは「まんが甲子園」という行事も開催されているそうで、調べてみるとそれぞれの都道府県ではマンガにまつわる行事や施設が数多くあるということがわかっています。

北国の漫画家

その中でも私が注目しているのが北海道の漫画家さんたちで、好きなマンガの作者さんの出身地をいくつか調べてみるとなぜか北海道にいきつくことがわかって少し驚きました。
北海道を代表する漫画家というと、私の好きな「うしおととら」の藤田和日郎さんや、「あさきゆめみし」の大和和紀さん、「日出る処の天子」の山岸凉子さんなどが挙げられます。
他にもかなりたくさんの方が北海道出身であるので、ここに挙げるときりがないほどです。

ですが気になるのは、そうした北海道出身の方が書かれるマンガであっても、意外なくらい北海道そのものを舞台にした作品というのは少ないことです。
旭川市出身の佐々木倫子さんの「動物のお医者さん」のような例外ももちろんありますが、案外お話の舞台は北海道ではないところが多くなっています。
作者の出身地にかかわらず、なんとなく舞台が東京になっているということもよくありますが、なんとなく意図的に北海道とはまったく違った場所が舞台にされていたりします。

その理由について、先に上げた藤田和日郎さんがインタービューで「北海道は妖怪に対してコンプレックスがあるんですよ。だって圧倒的に歴史がないから」というような趣旨のことを発言されているのを聞いて少し納得がいったように思いました。
そう考えると出身地とマンガなど創作物の舞台というのは、無関係なように見えて複雑な関連があるのかもしれないなという感じがします。

出身地を知ってみることでまた新しいマンガの魅力も見えるのかもしれません。

精進料理と観光地

精進料理スポット

旅行が好きでいろいろな観光地に一人で出かけることの多い私ですが、これまで気になっていたもののまだ実行に移せていないものがあります。
それは精進料理を本格的に食べるという旅です。
ふつうグルメ目的の旅というと、その土地でしかとれないような新鮮な食材や名物料理を食べたりするものですが、私はむしろ地味だけれどもひとつひとつの料理に意味がある精進料理にとても強い興味を持っています。

本格的な精進料理を食べられるスポットとしては、京都や飛騨、和歌山などの大きな寺院がある地域です。
そのため女性の観光客では、パワースポット巡りの一貫として精進料理を食べるということが含まれていたりします。
私が特に興味を強く持っているのが、滋賀県の比叡山で食べることができる精進料理です。

比叡山といえば修験場として有名な場所ですが、現在も延暦寺直営の宿泊・飲食施設では本格的な精進料理をたべることができるようになっているといいます。
延暦寺直営といっても昔ながらの古い施設ではなく、2005年にリニューアルされたばかりの広い施設の中で食べることができるようになっています。
精進料理では、仏教の教えに従って魚や肉を一切使わずに限られた調理方法によります。

仏教の教え

「精進」という言葉はもともと仏教用語であり、仏教の教えでは殺生が禁止されていることから仏の道に入る人は日常から動物を殺して食べるものは避けるようにしてきたことからこれができました。
当時は栄養価の低い食事として庶民からは厳しい食事という見方がされていましたが、現在では健康ブームによる低カロリー食が人気となっているため、あえて精進料理を食べたいと思う女性も増えてきています。

精進料理の素晴らしいところは、動物性脂質を摂取しないことにより不足しがちになるタンパク質を、別の食材で上手に補うようにしているということです。
断食などと違って精進料理はその後もずっと食べ続けるものであるため、体の健康を保つためのバランスが保たれていなくてはなりません。

延暦寺の精進料理は長い修行僧たちの歴史によってこれまでメニューが考えられてきたこともあり、全国的にもかなり質が高く栄養バランスに優れた内容であると言われています。
また、比叡山に湧き出る水は霊水としてその美しさもよく知られているところなので、一日食事をすれば体の内側からすっきりときれいにしてくれることでしょう。
いつか誰かと一緒に行ってみたいと思う場所の一つです。

部屋を広く見せるインテリア

狭い部屋を変える

私は今は実家を離れてひとり暮らしをしている身ですが、借りている部屋は決して広いものではありません。
といっても昼間は仕事でほとんど家にはいないし、誰か来るにしても一人か二人がせいぜいなので特に用途的に困っているというわけでもありません。
ですがすることのない休日などには狭苦しい部屋に一人でいるとなんとなく気が滅入るというか、「狭いなあ」という気持をどうしても強く持ってしまいます。
そこで、最近気になるインテリアの方面から調べてみて少しでも部屋を広く感じることができる方法についてここにまとめてみようと思います。

まず部屋を広く感じさせるインテリアのコツとして最初に挙げられているのが、部屋の色調をできるだけ白っぽい色でまとめるようにして、あまりたくさんの色を置かないということでした。
最近は北欧風の家具や部屋が流行っていることもあるので、全体を白っぽくするインテリアは流行していますが、確かに写真やモデルルームで見ると、白っぽい部屋はなんとなく広く感じることができるようになっているようです。

寝る環境を見直す

また私のような背の低い女性の場合、一人用のベッドは少し小型のものを選ぶと余計なスペースをベッドに占領されることがなくなります。
ベッドがソファになるタイプのものなら小型サイズのものは比較的探しやすいので、そうした折りたたみ系の家具を多く使用するというのもポイントのようです。
白っぽくまとめるといっても何もかもを白くすると面白みがないので、壁が白なら部屋にある布類はベージュにし、淡い色調の木製家具を置くようにするとまとまりがあって温かみのある白になります。

それと、アイテムとして間接照明やファブリックなど、ちょっと凝った家具を使ってみるというのも上級テクニックであるといいます。
間接照明の場合、全体を明るく見せる照明とは違って部屋を薄暗く、広い印象にすることができます。
一人暮らし用のワンルームの場合には部屋の構造が細長い形をしていることが多くなっているので、それをあえてカーテンやのれんなどで仕切ってみるとスペースが使い分けられて広く感じることができるようです。
そして極めつけのコツが、「できるだけモノを持たない」という生活スタイルにするということでした。
私は昔から荷物をため込むクセがあるので、これは大きなハードルではあるのですがこれからちょっとずつ要らないものはすぐに捨てるか処分するようにして身軽な人生にしていきたいです。