カテゴリー別アーカイブ: 【雑記】

外国人に道を聞かれたら

日本人は基本的に英語がうまくない

英語が母国語ではない国でも、英語は世界共通言語という事で、どの国に行っても仕事などで困ることが無いようにと、英語の教育を小学校年代から行っています。
それは日本と比較して、本当に本格的なもので、文法どうこう、スペルどうこう、という事ではなく、会話できるという事に重点を置いています。

しかし現代、グローバル社会となり日本国内にも外資系企業がかなり多くなっているという時代になっていても!日本の英語教育はまったく世界に追い付いていない状態です。
あれほど、中学、高校年代で英語の授業に時間を割いても、会話できないという事では意味がないのです。

海外で日本語が通じる国がありますが、その国の方々は日本が好き、日本人観光客が多いなどの理由から必死に日本語を学びます。
かたことでも日常会話くらいわかるというくらいになり、私たち日本人とコミュニケーションをとろうとしてくれます。
日本人だって、先進国の人として、外国の方が英語で尋ねてきたとき、迷うことなく案内などができるようになっておくべきなのです。

道案内だけでもスマートにできるようになりませんか?

道案内を身振り手振りで伝える外国人の方をみていると、大変そうだな・・・と感じてしまいます。
もし日本人の英語が英語圏の人間に通じるものなら、こうしたことも起こらないのにと思うのです。

道案内をするときはまず、相手の話をよく聞くことです。
外国人は英語の先生とは違い、早口で何を言っているのか理解できない事も多いです。
でもなんて言っているんだろう?という気持ちをしっかり持って、聞き取ろうという気持ちを持つと、会話の中に出てくる単語から、何となく海外の方が聞こうと思っている事が理解できるようになります。

また、実際に海外の方が日本という外国にきて尋ねるフレーズが決まっていて、○○はどこにありますか?とあ、○○への行き方を教えてくださいとか、○○へはどうやっていけばいいですか?など、たいていきまっています。

このよく問われるフレーズを覚えておくだけでも、ああ、こうしたいんだな、この場所に行きたいんだな?とわかるようになるのです。

おもてなしの国なのだから

日本は海外の方が旅行でやってきて、「親切だ」「おもてなしの心を教わった」「誰もが優しくて丁寧で礼儀正しくうれしかった」などといわれる国です。
そんな国なのに、海外の方がおとずれて質問を投げかけ、困っている時に対応できないのでは困ります。

Do you know where ~ is? How do I get to ~? Could you tell me how to get to ~?
等の文章を覚えておき、対応できる力位つけることは難しい事ではないはずです。
グローバル社会に、今、もう既になっているのですから、大人の「たしなみ」として、このくらいの英語をこなす人になってほしいと感じます。」

忘年会シーズン前に気をつけたいこと

一年の締めに気が緩む

今年ももうすぐ終わりに近づいてきましたが、忘年会シーズンになるとどうしても体調管理に不安が出てきてしまいます。
自分では気持ちは若いつもりでも、やっぱり年々体力がなくなってきているのは感じるので、この時期から少しずつ防御策をとっていかないとあとでひどいしっぺ返しを受けてしまうことにもなります。
忘年会シーズンでありがちなのが、ついつい食べ過ぎ飲み過ぎを連日のように繰り返してしまうということ。

最初はてはじめに手近な友人たちなんかと始めて、そこから会社の集まりや取引関係の人たち、他にもなんやかやと予定が埋まっていってしまうものです。
悩ましいのがこの時期はどこの居酒屋さんも忘年会用に力を入れた料理コースを用意してくれるということで、残すのがもったいない貧乏性な私などは食べ過ぎとわかっていつつも目一杯お腹に詰め込もうとしてしまいます。
さらには、忘年会シーズンの直後には年末のお正月休みが控えているわけで、年明けには体重がプラス数kg・・なんてことにもなりかねません。
そうならないためには、食べる食材を選んだりお酒の飲み方を上手に制御していく必要があります。

気を付ける事

まずありがちなのが、仕事帰りにそのまま居酒屋さんで集合して、かけつけ1杯とばかりに冷えたビールを思いっきり飲んでしまうということ。
実は冷たいものは胃腸を冷やしてしまうので体によくないのに加え、空腹のときに大量のアルコールを飲んでしまうとそれだけで胃腸に大きな負担をかけてしまうのだということ。
空腹のときにいきなり飲むことがないように、事前にちょっとつまんでおくか、それが無理ならお茶かコーヒーを飲んでおくとかなり胃腸への負担が軽くなるということです。

次に料理の方ですが、やはり食材によっては消化がよくないものがあるので、そうしたものばかりを食べ続けていると、どんどん胃腸が弱っていくといいます。
消化のよいものというのは豆腐や納豆、白身魚や魚類、野菜といったものですがそうしたものは普通の居酒屋ではなかなか冒頭から登場はしてくれないもの。
ですので、できる限りいきなり脂っぽいものや辛いものを食べるのではなく、付け合せの野菜などを先に食べつつ胃への負担を柔らかくしていくのが大切のようです。
あとは最後にものをいうのは自制心ですね。

今年もなんだかんだと失敗する可能性が高そうですが、落ち着いて自分の体をいたわりつつ忘年会を楽しんで行きたいと考えています。

マンガと作者の出身地について

漫画の土地

私はマンガが好きで普段からたくさん読んでいるのですが、先日ふと漫画家が多いと言われる都道府県はどこだろうということが気になりました。
もっとも漫画家と言ってもプロとして活躍されている人だけでもかなりの数となっており、兼業的に行っている人やアマチュアであるけれどもプロ並みにお金をもうけている方もいるので厳密な数を把握することは不可能であるかと思うので、たぶん数字的にはイメージなども関係しているのではないかと思われます。

それを承知でいろいろと調べてみたところ、日本国内の都道府県において人口比率からの漫画家の数が多い都道府県として並べられるのは、福岡・新潟・北海道・高知あたりになるようです。
高知県などは「まんが甲子園」という行事も開催されているそうで、調べてみるとそれぞれの都道府県ではマンガにまつわる行事や施設が数多くあるということがわかっています。

北国の漫画家

その中でも私が注目しているのが北海道の漫画家さんたちで、好きなマンガの作者さんの出身地をいくつか調べてみるとなぜか北海道にいきつくことがわかって少し驚きました。
北海道を代表する漫画家というと、私の好きな「うしおととら」の藤田和日郎さんや、「あさきゆめみし」の大和和紀さん、「日出る処の天子」の山岸凉子さんなどが挙げられます。
他にもかなりたくさんの方が北海道出身であるので、ここに挙げるときりがないほどです。

ですが気になるのは、そうした北海道出身の方が書かれるマンガであっても、意外なくらい北海道そのものを舞台にした作品というのは少ないことです。
旭川市出身の佐々木倫子さんの「動物のお医者さん」のような例外ももちろんありますが、案外お話の舞台は北海道ではないところが多くなっています。
作者の出身地にかかわらず、なんとなく舞台が東京になっているということもよくありますが、なんとなく意図的に北海道とはまったく違った場所が舞台にされていたりします。

その理由について、先に上げた藤田和日郎さんがインタービューで「北海道は妖怪に対してコンプレックスがあるんですよ。だって圧倒的に歴史がないから」というような趣旨のことを発言されているのを聞いて少し納得がいったように思いました。
そう考えると出身地とマンガなど創作物の舞台というのは、無関係なように見えて複雑な関連があるのかもしれないなという感じがします。

出身地を知ってみることでまた新しいマンガの魅力も見えるのかもしれません。