カテゴリー別アーカイブ: 【雑記】

外国人に道を聞かれたら

日本人は基本的に英語がうまくない

英語が母国語ではない国でも、英語は世界共通言語という事で、どの国に行っても仕事などで困ることが無いようにと、英語の教育を小学校年代から行っています。
それは日本と比較して、本当に本格的なもので、文法どうこう、スペルどうこう、という事ではなく、会話できるという事に重点を置いています。

しかし現代、グローバル社会となり日本国内にも外資系企業がかなり多くなっているという時代になっていても!日本の英語教育はまったく世界に追い付いていない状態です。
あれほど、中学、高校年代で英語の授業に時間を割いても、会話できないという事では意味がないのです。

海外で日本語が通じる国がありますが、その国の方々は日本が好き、日本人観光客が多いなどの理由から必死に日本語を学びます。
かたことでも日常会話くらいわかるというくらいになり、私たち日本人とコミュニケーションをとろうとしてくれます。
日本人だって、先進国の人として、外国の方が英語で尋ねてきたとき、迷うことなく案内などができるようになっておくべきなのです。

道案内だけでもスマートにできるようになりませんか?

道案内を身振り手振りで伝える外国人の方をみていると、大変そうだな・・・と感じてしまいます。
もし日本人の英語が英語圏の人間に通じるものなら、こうしたことも起こらないのにと思うのです。

道案内をするときはまず、相手の話をよく聞くことです。
外国人は英語の先生とは違い、早口で何を言っているのか理解できない事も多いです。
でもなんて言っているんだろう?という気持ちをしっかり持って、聞き取ろうという気持ちを持つと、会話の中に出てくる単語から、何となく海外の方が聞こうと思っている事が理解できるようになります。

また、実際に海外の方が日本という外国にきて尋ねるフレーズが決まっていて、○○はどこにありますか?とあ、○○への行き方を教えてくださいとか、○○へはどうやっていけばいいですか?など、たいていきまっています。

このよく問われるフレーズを覚えておくだけでも、ああ、こうしたいんだな、この場所に行きたいんだな?とわかるようになるのです。

おもてなしの国なのだから

日本は海外の方が旅行でやってきて、「親切だ」「おもてなしの心を教わった」「誰もが優しくて丁寧で礼儀正しくうれしかった」などといわれる国です。
そんな国なのに、海外の方がおとずれて質問を投げかけ、困っている時に対応できないのでは困ります。

Do you know where ~ is? How do I get to ~? Could you tell me how to get to ~?
等の文章を覚えておき、対応できる力位つけることは難しい事ではないはずです。
グローバル社会に、今、もう既になっているのですから、大人の「たしなみ」として、このくらいの英語をこなす人になってほしいと感じます。」

英語を身に付けるには留学が一番手っ取り早い

身になる英語力を付けるために英会話スクールに通ったり、独学や通信で学んだりすると思います。
ただこれらの場合、その時は覚えた気になるけれど、実践になったら諸刃の剣とかすことがあります。

ちゃんと身に付く英語を覚えるなら海外留学をするのが一番です。
高校生から準備を始め卒業後に海外の大学へ進学するという人もいます。
奨学金制度により、高校生から留学準備をすれば様々なサポートが受けられるのでおすすめです。
参考サイト:高校生の留学・大学進学 -NCN米国大学機構-

いまさら聞けない!テーブルマナーの基本

テーブルマナー、実は隣の人頼りではこまります

和食、洋食、イタリアンに中華、今日本では沢山の国の料理を頂けるようになっています。
でも、マナーは大丈夫?と聞かれると、うーん・・・と困ってしまう人も少なくないでしょう。
特に、フレンチ、洋食、イタリアン、それに自分の国の作法なのに案外知らない和食のマナーなど、社会人として知っておくべきテーブルマナーがあります。

気取ったところは嫌い、といっていても、仕事のお付き合いでそういった場所に行くこともあります。
知らずにいると恥をかくのは自分です。

和食のマナー、基本の5つ

まずは和食、お箸についてですが、こんなに行けない事があるの?とびっくりするくらい、お箸に対するマナーは多いです。
箸を持ったまま頂きますをするのは拝み箸と呼ばれいけないこと、食べ物を突き刺す行為は突き箸と呼ばれ、これもまたいけない事、料理を取り分けるときには箸の柄の方を利用する事、箸を口でくわえるくわえ箸もいけませんし、食べ物を箸で渡す合わせ箸は葬儀の際、お骨を拾うときに行う行為を連想させるのでマナー違反・・・・箸についてはこのほかにも、迷い箸、仏箸、たたき箸など多数覚える事があります。

2つ目は器を正しく持っていただくという事、3つ目はお椀のふたは片手でとらず、お椀のふちを左手で抑え、右手で蓋の真ん中のつまみをつまみ開けるということ、おしぼりで口元を拭かないということ、(通常は懐紙を利用します)座敷では正座、というマナーがあります。

洋食のマナー、5つ

洋食は結婚式などでよく利用する事が多いので、覚えておく方が安心です。
1つ目、乾杯する際にはグラスをぶつけない、(日本ではチンとぶつけますが、乾杯は持ち上げるのみです)、2つ目、カラトリーは外側から順序良く利用する、3つ目、食事が終わったらさらに対してカラトリーを皿の右端に、斜めに置くこと、4つ目、飲み物に合わせてグラスを替えること、5つ目、ナプキンは口や指を拭く、口元を隠す際に利用するということ、以上です。

和食ではおしぼりで口元を拭くのはマナー違反、懐紙を利用します。
でも洋食では、ナプキンで口元を拭かず、手持ちのティッシュやハンカチで口元を拭くと、「ナプキンが汚いから利用できない」というサインになります。

レストランに対して失礼なこととなってしまいます。
また食事の後、ナプキンをきれいにたたむ方がいますが、「料理に不満がある」という意味になってしまうので、ざっくりたたんでテーブルに置く、という事を忘れないようにしましょう。

マナーを知っておくことは、一緒に食事をする方に対し、失礼な気持ちを与えないという事もありますし、お食事を作って頂いた料理人に対しての気持ちも泡ラスことになります。
日本人はマナーを知らず、すぐに箸をくださいという方が多いのですが、やはり、洋食と和食のマナーくらいは覚えておくべきでしょう。

忘年会シーズン前に気をつけたいこと

一年の締めに気が緩む

今年ももうすぐ終わりに近づいてきましたが、忘年会シーズンになるとどうしても体調管理に不安が出てきてしまいます。
自分では気持ちは若いつもりでも、やっぱり年々体力がなくなってきているのは感じるので、この時期から少しずつ防御策をとっていかないとあとでひどいしっぺ返しを受けてしまうことにもなります。
忘年会シーズンでありがちなのが、ついつい食べ過ぎ飲み過ぎを連日のように繰り返してしまうということ。

最初はてはじめに手近な友人たちなんかと始めて、そこから会社の集まりや取引関係の人たち、他にもなんやかやと予定が埋まっていってしまうものです。
悩ましいのがこの時期はどこの居酒屋さんも忘年会用に力を入れた料理コースを用意してくれるということで、残すのがもったいない貧乏性な私などは食べ過ぎとわかっていつつも目一杯お腹に詰め込もうとしてしまいます。
さらには、忘年会シーズンの直後には年末のお正月休みが控えているわけで、年明けには体重がプラス数kg・・なんてことにもなりかねません。
そうならないためには、食べる食材を選んだりお酒の飲み方を上手に制御していく必要があります。

気を付ける事

まずありがちなのが、仕事帰りにそのまま居酒屋さんで集合して、かけつけ1杯とばかりに冷えたビールを思いっきり飲んでしまうということ。
実は冷たいものは胃腸を冷やしてしまうので体によくないのに加え、空腹のときに大量のアルコールを飲んでしまうとそれだけで胃腸に大きな負担をかけてしまうのだということ。
空腹のときにいきなり飲むことがないように、事前にちょっとつまんでおくか、それが無理ならお茶かコーヒーを飲んでおくとかなり胃腸への負担が軽くなるということです。

次に料理の方ですが、やはり食材によっては消化がよくないものがあるので、そうしたものばかりを食べ続けていると、どんどん胃腸が弱っていくといいます。
消化のよいものというのは豆腐や納豆、白身魚や魚類、野菜といったものですがそうしたものは普通の居酒屋ではなかなか冒頭から登場はしてくれないもの。
ですので、できる限りいきなり脂っぽいものや辛いものを食べるのではなく、付け合せの野菜などを先に食べつつ胃への負担を柔らかくしていくのが大切のようです。
あとは最後にものをいうのは自制心ですね。

今年もなんだかんだと失敗する可能性が高そうですが、落ち着いて自分の体をいたわりつつ忘年会を楽しんで行きたいと考えています。