カテゴリー別アーカイブ: 【商品】

ガジェット&デジモノアクセサリ固定ツール 「GRID-IT」

鞄に無造作に入れると壊れる

会社員の方やビジネスを営んでいる人にとって、いつも持ち歩くアイテムというのは大事なものとなっていることでしょう。
精密機器や電化製品はとくにちょっと回路がショートするだけで故障の原因になってしまうことも少なくありません。

できればそう言った保護機能と整理できる機能が合わさったカバンがあればよいのですが、なかなかお店でそう言ったものを見かける機会はありませんよね。
特に扱いに繊細さが必要なアイテムに対して機能性が足りていない鞄というのはたくさんあります。

どこで鞄をぶつけてしまうか分かりませんし、その時に中身がぐちゃぐちゃになって壊れてしまったということはよくある話です。
それにイヤホンなんかだと、中で絡まってしまっていざ使おうと思った時にすぐ音楽を聞けないなんてことにもなるのです。

そう言ったことを以下に防ぐかは鞄次第と言えるのです。
そこでガジェット&デジモノアクセサリ固定ツール 「GRID-IT」が使い勝手が良いとされています。

「GRID-IT」で壊れやすいアイテムを持ち運べる

メディアで取り上げられて人気になったのがこの「GRID-IT」という鞄です。
このアイテムの特徴としては、多機能な収納スペースと保護に最適な付属物いがあると言う点です。

詳細を上げていくと、ファスナー付きポケットには書類を入れられるようになっていて、鞄の中でバラけないようになっています。
重要な書類や保護したい書類はここに入れて持ち歩くと便利でしょう。

また、ゴムバンドが内側にはついていて、入れたものを優しく保護できるように摩擦も少ないゴムになっています。
これらの特徴的な機能によって、整理しやすくなっている上に取り出しやすいと言うわけです。

この鞄に対応している内容物はたくさんあって、ボールペンや鉛筆といった文房具は、もちろんのこと、パソコンのマウスなんかも入れられるようになっています。

普段、外出先でパソコンを使う人にはこの鞄は最適なわけです。
仕事上で名刺が必要という人もスペースがありますので安心です。

精密機器の保護

「GRID-IT」はただ者を固定するだけではなくて、精密機械に対しても保護機能の十分な鞄と言えます。

デジカメのような精密電子機器を入れても大丈夫なようになっています。
他にもUSBラインやメモリーカードを収納できます。

またイヤホンや電子辞書のように使用頻度の高い電子機器も出しいれすることができるように設計されているのです。
特に電子辞書はちょっとした衝撃で壊れやすく、本体が高額なため頻繁に買い替えるのも難しい製品です。
修理代もかかることを考えると、この鞄一つでしっかりと整理して持ち歩くのがよいでしょう。

ガラス汚れがピカピカに!「茂木和哉」

ガラスが汚れる理由

家にはたくさんのガラス製品があると思います。
鏡は代表的ですし、窓ガラスにガラスでコーティングした小物などもあります。

それ以外にも大型のガラスケースなど中身が透けて観賞や入れ物として使うこともありますよね。

ではなぜガラスは汚れてしまうのでしょうか。
その原因を見てみると、まず挙げられるのは素手で窓に触ることだと言えます。

人の手には目に見えない汚れや皮脂といったものがついています。
よく殺人事件モノのドラマなんかで指紋が検出されると言うのがありますが、あんな感じで知らないうちに窓に汚れをため込んでしまうと言うわけです。

また、風が運んでくる細かい物質というのも窓が汚れる原因となります。
汚れが付着するまでに時間がかかる場合もあれば風の強い非難かはそこから運ばれる砂ぼこりによってガラスが汚れやすくなることもあります。

こういった空気中の汚れが堆積して知らないうちに窓の表側も汚してしまうことがあることを知っておきましょう。

最後に結露によって窓に汚れがたまると言うことがあります。
この理由としては、気温の温度差で結露が発生する場合に、空気中の水分が水になっているからです。
つまり、空気中が汚れていれば当然窓も汚れてしまうと言うわけです。

鏡の水垢

鏡は使う人はほとんど毎日使用することでしょう。
そのため鏡は使用頻度が多い分、汚れやすいとも言えます。

素手で触ることもそうですし、お風呂の鏡だと湯気や風呂のお湯で汚れが付着してしまうことも少なくありません。
そのため、手で触れると汚れるのも早いのに、さらに汚れのサイクルが早くなります。

何度も掃除するのも大変ですがこう言った汚れはなかなか落ちないことでも知られています。
ですから、想像以上の労力がかかります。

鏡が汚れていると、どこか見え方も変わりますからしっかりと磨きたいところでもあります。

「茂木和哉」はその点でいくと使いやすくて汚れを落とすことができるので毎日の掃除にも十分に対応できるでしょう。

「茂木和哉」で磨く

では、具体的にどのような力で汚れを落としているのでしょうか。

「茂木和哉」の製品の紹介として解説されているのは、スルファミン酸による作用が働いているという点です。

汚れた部分、特に水垢になった部分に対してこのスルファミン酸は水垢をきれいに落としてくれる成分として注目されているのです。
落としにくい水垢を落とすことができる数少ない製品とも言い換えられます。

その元となるスルファミン酸の生成は人工甘味料が材料になることでもその安全性がわかります。
よく製品の中には上手に落とすことができるけど危険な化学成分が使われているなんてことが稀にあります。

そう言ったことまで含めて安心の「茂木和哉」でガラス製品もラクラクにお掃除できるわけです。

万能クリップ「cheero CLIP」

まとめる

日常的に小物を整理できている人というのは少ないと言われています。
その理由としては普段から使うもののほとんどが、閉まってしまったりすると使い勝手が悪くなってしまうためです。

使いやすいように目に見えるところに置いておけば当然その数が増えると散らかってしまうわけです。

場合によってはあれどこやったけとなってしまうこともあります。
そこで紹介したいのが万能クリップ「cheero CLIP」というアイテムです。

「cheero CLIP」は入れ物というよりも万能クリップの性質が強いです。
例えば、デスクまわりの用品は、まとめることが難しくて散らかりやすいので、一か所にまとめることが必要になります。

クリップでまとめることも含めて使いどころがたくさんあると言えるでしょう。

また、用途として多いのが、電子機器の線を束にすることです。電化製品を部屋の中に多く使う自室やリビングだと、コードが絡まってしまいます。
ですから、用途としても最適だと言えます。

変に絡んだりふんずけてしまえば電線が電気の流れを妨げて接触不良になることもあります。
そのためコードをまとめるのはとても大事です。

はさむ

この「cheero CLIP」の最大の特徴はその挟む機能にあります。
むしろそれ以外はおまけくらいであり、万能であるが故の使い道といったところです。

一つ目は用紙・書類をまとめる機能です。
クリップによって仕事や私的に使う必要書類をまとめることで、あとで無くなってしまったということをなくします。

また金銭を整理するのにこのクリップを使ってお札をまとめることも可能です。
お金をまとめる方法はいろいろありますが、わざわざ専用のものを用意しなくてもこれ一つで代用が可能となります。

最後に、ビジネスマンなら必ず持っているのが名刺です。
これを挟んでまとめることで、どのくらいの残量なのかを把握できるというのもあります。

かける

最後に紹介するのは、「cheero CLIP」をかけるために使う方法です。
これはクリップというだけでは普通使わないような方法なのです。

ですが、鍵のように手元に取りやすくて目に付きやすい場所にしまうのがよいアイテムというのがあります。
そう言ったカギの収納に対してはこのクリップの万能性は大きな意味を持ってくると言うわけです。

それと、普段から使用頻度の高いスマホもこう言ったクリップの使い方をする方法の一つです。
スマホはサイズが手にフィットするようになっていますから机の上に置いたり棚の上にしまうとうっかり場所が分からなくなってしまうこともあります。

そのため、取り出しやすくて目につきやすい場所から出し入れしても面倒ではないという点でこのクリップの使い方は勝手がよいとわかるのです。