トンボの限定色消しゴム

お馴染みの会社から

トンボ鉛筆がこの3月に創立100周年を迎えたということで、通常は青と黒色のおなじみのカラーで作られている「MONO消しゴム」を、限定カラー10色として販売するみたいです。
限定カラーは、金色・銀色・水色・青・黄色・緑・赤・ショッキングピンク・パステルピンク・紺となっています。
消しゴムと同様に、トンボ鉛筆の人気定番商品である「消えいろPiT」でも上の10色と同じようにバージョン展開して販売するということでした。
私も仕事や自宅での書きものではMONO消しゴムを愛用してきたので、100周年をお祝いするとともに、ぜひこのセットを買ってみたいと思っています。

そういえば私が子供の時とかには、他のメーカーから消しゴムは出ていたものの、MONO消しゴムが一番たくさん使っている同級生が多かった記憶があります。
今ではSEEDやPLUS、ヒノデワシやUNI、PILOTやサクラクレパスなどたくさんの文具メーカーがかわいいデザインをした消しゴムを販売してくれるようになったので買う時にはちょっとばらけるようになりましたが、やっぱり使い心地を比べてみると、トンボ鉛筆のMONO消しゴムが一番よいような気がしています。

有名なのり

トンボ鉛筆のもう一つの人気商品「消えいろPiT」ですが、こちらも塗るまでは青い色をしているのにノリとして塗って感想すると白くなるという、子供心に嬉しい商品で大好きだったという記憶があります。
スティックのりも消しゴム同様たくさんのメーカーから出されていますけれども、こちらはやっぱり消えいろPiTほどのインパクトを持ったものはないような感じがします。
付け加えておくと、最初に紹介した限定カラーの製品では変わるのはパッケージ部分だけで、消えいろPiTのノリ本体は10色どれでも青色をしているということです。

でも考えてみると100周年ということは、創業時からトンボ鉛筆を使っていた人はもういないということですよね。
しかも企業の寿命は基本的には20年、長くても30年と言われているわけですから、100周年を迎えることができる企業は、今後もそれほどたくさんは出てこないんだろうなと思います。
100年前にはもっとたくさんの企業があったはずですけど、トンボ鉛筆がのこったということは、消しゴムという今も昔も必要とする人の変わらない製品をメインにし続けてきたからということなんでしょうね。
これからもトンボ鉛筆のMONO消しゴムを使って行きたいです。