海外発のアイディアグッズ【おもしろ編】

見た目と使い道

海外のアイディアグッズを見ていると、これはジョークだろうと言いたくなるほどおかしなものをよく見かけます。
発明者がどこまで本気なのかは不明ですが、一見役に立ちそうに見えて実は全く役に立たないという不思議さが共通した特徴となっています。
個人的に最近見て面白いと思ったのが「ポストイット机(原題:Post-it Desk)」というポストイットが机の上面全部になっているというものです。

紹介サイト:Office Upgrade: The Post-It Desk(英語サイト)

子供のいるご家庭などでは、ちょっと目を放した隙に壁やら床やらにマジックなどで落書きをされてしまうことが悩みの一つですが、このポストイット机なら机のどの部分に描いても全く問題はありません。
傑作が描けたらそれをそのまま壁に貼り付けることもできるので、まさに一石二鳥です。

ただし、これを使っているときに飲み物をこぼしたりしたらどうなるかはわかりません。ちょっと変わった発想をしたいクリエータの部屋に置くと案外しっくりとくるのかもしれないですね。

新しい格好

次に私が気になったのが、SNSなどで爆発的な人気になった「中世の西洋鎧風パーカー(原題:Grey Knight Armored Hoodie)」です。
写真を見てもらえるとわかるかと思いますが、非常によく作られていて布製でありながら兜部分まで忠実に鎧風に細工がされています。

こちらは写真がインターネット上に出回ると同時に問い合わせが殺到したそうで、限定注文分はあっという間に売り切れてしまったといいます。
公式サイトではその後の動きはないので再販される可能性は少ないのですが、これはどこか大手メーカーでもアイディアを買い取って販売するようにしたら、多少値段は高くてもかなり売れる商品になるんじゃないかと勝手に思っています。

Grey Knight Armored Hoodie

おまけにこのパーカーと似た発想の商品を紹介すると、「サムライアンブレラ」という持ち手の部分が日本刀の柄になっている傘があります。
こちらはアメリカの玩具メーカーである「KIKKERALAND(キッカーランド)」が開発したものでしたが、一時期はAmazonの日本サイトからも購入できるようになっていました。

持ち歩くときにはストラップをつけて腰または背中に背負って持ち運ぶことが推奨されていたということで、子供だけでなく日本文化好きなアメリカ人に大いに受けたということです。