音声アシスト機能がついた凄いスピーカー「Invoke」

注目を集めるスマートスピーカー

スマートフォンの次にはスマートスピーカーが私たちの生活の必需品になるといわれています。
最近では少しずつテレビや雑誌でも取り上げられることが増えていますが、実際にはその機能がわからない、便利さがわからないという人も少なくありません。

そこで、ここでは今注目を集めているスマートスピーカーについて紹介をしていきます。
基礎的な機能とその中でも注目を集めているInvokeという機種について紹介をしていきます。

スマートスピーカーとは

スマートスピーカーとは、インターネット接続機能、人口知能とを活用した音声認識機能を搭載しているスピーカーです。
具体的には今までのスマートフォンが果たしていた役割をスピーカーがこなすようなイメージをすることができます。
スマートスピーカーに話しかけると音楽の再生ができたり、周辺機器の操作をしてくれたり、様々なことをしてくれるのです。

もともと、スマートスピーカーは2014年に発売されたのが最初です。
その際はAmazonで発売されたのですが、そこからGoogleをはじめほかの企業もどんどんと開発をして提供し始めたことで注目が集まるようになりました。
一気に市場が過熱しており、今後はさらにサービスが拡大すること使いやすい機能が充実することが期待されています。

現在、できる機能として音楽の再生、インターネット検索、周辺機器の操作が基本となっています。
優秀なのはただこれらの機能があるだけでなく、人工知能がある点です。
人口知能の精度が年々上がっており、使うほど人工知能が学習をして自分の意図をくみ取ったり先回りしたアクションをしてくれたりするようになります。

注目のスマートスピーカー、Invoke

InvokeはMicrosoft社の人工知能であるCortana(コルタナ)が搭載されているスマートスピーカ-です。
音楽の再生、インターネット検索、家電操作という一般的な機能じゃすべて搭載しています。

特徴としてSkypeのスピーカーとしても利用することができます。
そのため、ハンズフリーでSkypeでの通話が可能です。

マイクについても7つ内蔵しています。
そのため、ハンズフリー状態で話していてもエコーキャンセルやノイズリダクションアルゴリズムが充実しており騒音の多い場所でもしっかりと音声を認識してくれます。

さらに、2017年3月からはサムスン電子の子会社となりました。
そのためオーディオ製品に定評があるハーマン社のスピーカーが採用されており音質の良さが他社のものとは格段に違うものとなっています。

まだまだ価格や日本での販売時期など未定な情報も多い商品です。
しかし、Invokeはこれから日本での販売が開始されたら購入する人が間違いなく多いと注目されているスマートスピーカーです。