万能クリップ「cheero CLIP」

まとめる

日常的に小物を整理できている人というのは少ないと言われています。
その理由としては普段から使うもののほとんどが、閉まってしまったりすると使い勝手が悪くなってしまうためです。

使いやすいように目に見えるところに置いておけば当然その数が増えると散らかってしまうわけです。

場合によってはあれどこやったけとなってしまうこともあります。
そこで紹介したいのが万能クリップ「cheero CLIP」というアイテムです。

「cheero CLIP」は入れ物というよりも万能クリップの性質が強いです。
例えば、デスクまわりの用品は、まとめることが難しくて散らかりやすいので、一か所にまとめることが必要になります。

クリップでまとめることも含めて使いどころがたくさんあると言えるでしょう。

また、用途として多いのが、電子機器の線を束にすることです。電化製品を部屋の中に多く使う自室やリビングだと、コードが絡まってしまいます。
ですから、用途としても最適だと言えます。

変に絡んだりふんずけてしまえば電線が電気の流れを妨げて接触不良になることもあります。
そのためコードをまとめるのはとても大事です。

はさむ

この「cheero CLIP」の最大の特徴はその挟む機能にあります。
むしろそれ以外はおまけくらいであり、万能であるが故の使い道といったところです。

一つ目は用紙・書類をまとめる機能です。
クリップによって仕事や私的に使う必要書類をまとめることで、あとで無くなってしまったということをなくします。

また金銭を整理するのにこのクリップを使ってお札をまとめることも可能です。
お金をまとめる方法はいろいろありますが、わざわざ専用のものを用意しなくてもこれ一つで代用が可能となります。

最後に、ビジネスマンなら必ず持っているのが名刺です。
これを挟んでまとめることで、どのくらいの残量なのかを把握できるというのもあります。

かける

最後に紹介するのは、「cheero CLIP」をかけるために使う方法です。
これはクリップというだけでは普通使わないような方法なのです。

ですが、鍵のように手元に取りやすくて目に付きやすい場所にしまうのがよいアイテムというのがあります。
そう言ったカギの収納に対してはこのクリップの万能性は大きな意味を持ってくると言うわけです。

それと、普段から使用頻度の高いスマホもこう言ったクリップの使い方をする方法の一つです。
スマホはサイズが手にフィットするようになっていますから机の上に置いたり棚の上にしまうとうっかり場所が分からなくなってしまうこともあります。

そのため、取り出しやすくて目につきやすい場所から出し入れしても面倒ではないという点でこのクリップの使い方は勝手がよいとわかるのです。