GRdai7uK のすべての投稿

音声アシスト機能がついた凄いスピーカー「Invoke」

注目を集めるスマートスピーカー

スマートフォンの次にはスマートスピーカーが私たちの生活の必需品になるといわれています。
最近では少しずつテレビや雑誌でも取り上げられることが増えていますが、実際にはその機能がわからない、便利さがわからないという人も少なくありません。

そこで、ここでは今注目を集めているスマートスピーカーについて紹介をしていきます。
基礎的な機能とその中でも注目を集めているInvokeという機種について紹介をしていきます。

スマートスピーカーとは

スマートスピーカーとは、インターネット接続機能、人口知能とを活用した音声認識機能を搭載しているスピーカーです。
具体的には今までのスマートフォンが果たしていた役割をスピーカーがこなすようなイメージをすることができます。
スマートスピーカーに話しかけると音楽の再生ができたり、周辺機器の操作をしてくれたり、様々なことをしてくれるのです。

もともと、スマートスピーカーは2014年に発売されたのが最初です。
その際はAmazonで発売されたのですが、そこからGoogleをはじめほかの企業もどんどんと開発をして提供し始めたことで注目が集まるようになりました。
一気に市場が過熱しており、今後はさらにサービスが拡大すること使いやすい機能が充実することが期待されています。

現在、できる機能として音楽の再生、インターネット検索、周辺機器の操作が基本となっています。
優秀なのはただこれらの機能があるだけでなく、人工知能がある点です。
人口知能の精度が年々上がっており、使うほど人工知能が学習をして自分の意図をくみ取ったり先回りしたアクションをしてくれたりするようになります。

注目のスマートスピーカー、Invoke

InvokeはMicrosoft社の人工知能であるCortana(コルタナ)が搭載されているスマートスピーカ-です。
音楽の再生、インターネット検索、家電操作という一般的な機能じゃすべて搭載しています。

特徴としてSkypeのスピーカーとしても利用することができます。
そのため、ハンズフリーでSkypeでの通話が可能です。

マイクについても7つ内蔵しています。
そのため、ハンズフリー状態で話していてもエコーキャンセルやノイズリダクションアルゴリズムが充実しており騒音の多い場所でもしっかりと音声を認識してくれます。

さらに、2017年3月からはサムスン電子の子会社となりました。
そのためオーディオ製品に定評があるハーマン社のスピーカーが採用されており音質の良さが他社のものとは格段に違うものとなっています。

まだまだ価格や日本での販売時期など未定な情報も多い商品です。
しかし、Invokeはこれから日本での販売が開始されたら購入する人が間違いなく多いと注目されているスマートスピーカーです。

いまさら聞けない!テーブルマナーの基本

テーブルマナー、実は隣の人頼りではこまります

和食、洋食、イタリアンに中華、今日本では沢山の国の料理を頂けるようになっています。
でも、マナーは大丈夫?と聞かれると、うーん・・・と困ってしまう人も少なくないでしょう。
特に、フレンチ、洋食、イタリアン、それに自分の国の作法なのに案外知らない和食のマナーなど、社会人として知っておくべきテーブルマナーがあります。

気取ったところは嫌い、といっていても、仕事のお付き合いでそういった場所に行くこともあります。
知らずにいると恥をかくのは自分です。

和食のマナー、基本の5つ

まずは和食、お箸についてですが、こんなに行けない事があるの?とびっくりするくらい、お箸に対するマナーは多いです。
箸を持ったまま頂きますをするのは拝み箸と呼ばれいけないこと、食べ物を突き刺す行為は突き箸と呼ばれ、これもまたいけない事、料理を取り分けるときには箸の柄の方を利用する事、箸を口でくわえるくわえ箸もいけませんし、食べ物を箸で渡す合わせ箸は葬儀の際、お骨を拾うときに行う行為を連想させるのでマナー違反・・・・箸についてはこのほかにも、迷い箸、仏箸、たたき箸など多数覚える事があります。

2つ目は器を正しく持っていただくという事、3つ目はお椀のふたは片手でとらず、お椀のふちを左手で抑え、右手で蓋の真ん中のつまみをつまみ開けるということ、おしぼりで口元を拭かないということ、(通常は懐紙を利用します)座敷では正座、というマナーがあります。

洋食のマナー、5つ

洋食は結婚式などでよく利用する事が多いので、覚えておく方が安心です。
1つ目、乾杯する際にはグラスをぶつけない、(日本ではチンとぶつけますが、乾杯は持ち上げるのみです)、2つ目、カラトリーは外側から順序良く利用する、3つ目、食事が終わったらさらに対してカラトリーを皿の右端に、斜めに置くこと、4つ目、飲み物に合わせてグラスを替えること、5つ目、ナプキンは口や指を拭く、口元を隠す際に利用するということ、以上です。

和食ではおしぼりで口元を拭くのはマナー違反、懐紙を利用します。
でも洋食では、ナプキンで口元を拭かず、手持ちのティッシュやハンカチで口元を拭くと、「ナプキンが汚いから利用できない」というサインになります。

レストランに対して失礼なこととなってしまいます。
また食事の後、ナプキンをきれいにたたむ方がいますが、「料理に不満がある」という意味になってしまうので、ざっくりたたんでテーブルに置く、という事を忘れないようにしましょう。

マナーを知っておくことは、一緒に食事をする方に対し、失礼な気持ちを与えないという事もありますし、お食事を作って頂いた料理人に対しての気持ちも泡ラスことになります。
日本人はマナーを知らず、すぐに箸をくださいという方が多いのですが、やはり、洋食と和食のマナーくらいは覚えておくべきでしょう。

外国人に道を聞かれたら

日本人は基本的に英語がうまくない

英語が母国語ではない国でも、英語は世界共通言語という事で、どの国に行っても仕事などで困ることが無いようにと、英語の教育を小学校年代から行っています。
それは日本と比較して、本当に本格的なもので、文法どうこう、スペルどうこう、という事ではなく、会話できるという事に重点を置いています。

しかし現代、グローバル社会となり日本国内にも外資系企業がかなり多くなっているという時代になっていても!日本の英語教育はまったく世界に追い付いていない状態です。
あれほど、中学、高校年代で英語の授業に時間を割いても、会話できないという事では意味がないのです。

海外で日本語が通じる国がありますが、その国の方々は日本が好き、日本人観光客が多いなどの理由から必死に日本語を学びます。
かたことでも日常会話くらいわかるというくらいになり、私たち日本人とコミュニケーションをとろうとしてくれます。
日本人だって、先進国の人として、外国の方が英語で尋ねてきたとき、迷うことなく案内などができるようになっておくべきなのです。

道案内だけでもスマートにできるようになりませんか?

道案内を身振り手振りで伝える外国人の方をみていると、大変そうだな・・・と感じてしまいます。
もし日本人の英語が英語圏の人間に通じるものなら、こうしたことも起こらないのにと思うのです。

道案内をするときはまず、相手の話をよく聞くことです。
外国人は英語の先生とは違い、早口で何を言っているのか理解できない事も多いです。
でもなんて言っているんだろう?という気持ちをしっかり持って、聞き取ろうという気持ちを持つと、会話の中に出てくる単語から、何となく海外の方が聞こうと思っている事が理解できるようになります。

また、実際に海外の方が日本という外国にきて尋ねるフレーズが決まっていて、○○はどこにありますか?とあ、○○への行き方を教えてくださいとか、○○へはどうやっていけばいいですか?など、たいていきまっています。

このよく問われるフレーズを覚えておくだけでも、ああ、こうしたいんだな、この場所に行きたいんだな?とわかるようになるのです。

おもてなしの国なのだから

日本は海外の方が旅行でやってきて、「親切だ」「おもてなしの心を教わった」「誰もが優しくて丁寧で礼儀正しくうれしかった」などといわれる国です。
そんな国なのに、海外の方がおとずれて質問を投げかけ、困っている時に対応できないのでは困ります。

Do you know where ~ is? How do I get to ~? Could you tell me how to get to ~?
等の文章を覚えておき、対応できる力位つけることは難しい事ではないはずです。
グローバル社会に、今、もう既になっているのですから、大人の「たしなみ」として、このくらいの英語をこなす人になってほしいと感じます。」