スマホの使用通信を確認できる「My Data Manager」

便利なアプリは積極的に取り入れよう

スマートフォンを持っている中で、その使い勝手の良さを決める大切なものがアプリです。
もとから入っているものだけでなく、世の中には無料や有料でたくさんのアプリが配信されています。
自分に必要なアプリを入れるのはもちろんですが、今あるものよりもより使い勝手が良かったり自分の欲しい機能のみになったシンプルなものであったりと、よりスマートフォンを自分の使いやすいアイテムにすることができるアプリはたくさんあるのです。

そのようなアプリの中でも特に持っていると役立つのがMy Data Managerです。
ここでは、このMy Data Managerがどのようなアプリか、そしてどのような場面で役立つのかを紹介していきます。

My Data Managerとは

スマートフォンを使っていて多くの人が悩むのが速度規制です。
使っているスマートフォンの契約プランによって違ってきますが、使い放題にしていないという人は、使っている中で月間で決められたデータ通信量までは快適に使える環境が整備されていますが、その通信量を超えてしまうと一気に速度が落ちてしまいます。
スピードとしては、昔の携帯電話くらいの速度であり、見たい情報を見るのにも相当な時間が必要です。

このような速度になってしまうとせっかくのスマートフォンも一気に不便なアイテムになってしまいます。
使い放題プランにしたり自宅にWi-Fiを引いたりすれば解決することですが、一人暮らしの若い人だとコストの関係からもなかなかそうはいきません。

そこで役立つのがMy Data Managerです。
これを使うと通信量のペースを知ることができます。

My Data Managerの操作方法

アプリをインストールして起動していくと概要画面が出てきます。
これは月間でその日までの通信量と残りの通信量とが表示されます。
それだけでなくアプリがこの後の通信量の予想までしてくれるので、通信量のペース配分をするのにとても役立つのです。

ページを右から左にスワイプするとWi-Fiでの通信量も見ることができます。
これによって自分がどのくらいスマートフォンで通信をしているのか、そしてWi-Fi環境とそうでないところでどのくらいの配分で使っているのかを比較することもできます。

それ以外にも、日ごとや時間ごとの通信量の比較も可能です。
メニューからアプリを選択すると、アプリごとに使用している通信量も見ることができます。
そのため使用頻度が低く通信量がかさむアプリを使っている場合には、もう少し通信量の少ないアプリを使用したり使用する頻度を減らしたりといった目安もわかりやすくできるので便利です。

アラーム機能もあり、自分の希望するデータ通信量になれば知らせてくれる機能もあります。
そのため速度制限がかかる前にアラームが鳴ることで速度制限にかかる前に使用量を調整することもできます。