声で聴くニュース「Voicy(ボイシー)」

ニュースを読むのではなく聴くという時代へ「Voicy」

ニュースをスマホや携帯、パソコンで読むという事はすでに多くの方が利用されていることです。
スマホでニュースを検索し画像で見るという方も多いと思いますが、そういった事ではなく、複数のニュースソースの記事を、自分が気に入ったパーソナリティの声で聴くことができるというのが、ラジオアプリVoicyです。

リスナーは好きなパーソナリティをフォローし、自分が聞きやすいと思った番組を楽しむことができます。
提携する複数のニュースソースからクラウドソースされている複数のパーソナリティが読み上げてくれる、リスナーからパーソナリティにコメントなども送信できるという相互関係も魅力的なアプリです。

色々な事が出来るVoicy

一方的にニュースを読んでもらうという事ではなく、リスナーから読んでほしいと思う内容を伝えたり、パーソナリティはVoicyからニュース記事を提供されます。
パーソナリティはiPhoneを利用し音声をいつでもどこでも録音できVoicyにアップロードします。

通常こうした音声は編集などが入り聞きやすくするわけですが、Voicyはそういった作業を行わずそのままリスナーに届けます。
スタジオ収録などの面倒もなく、読み手と聴き手がストレスなく利用できる新しい形のニュースアプリというイメージです。

パーソナリティは売り込み情報として利用できる

リスナーは好きな時間に好きな声でニュースを聴くことができるというメリットがあり、パーソナリティにもメリットがあります。
このVoicyで利用している自分がパーソナリティとして録音した音源を、事務所、クライアントに宣伝できるのです。
今後、Voicyは新人発掘の素材としても利用していきたいという事を告げていて、一般からもパーソナリティを募集する予定という事なので、これから先も楽しみです。

チャンスが得られない状態の方も、Voicyのパーソナリティとして経験と実績を積み、多くの方が聴いてくれる声なのだという事が関係者に理解されれば、何らかの道が開けるかもしれません。

通勤途中、スマホを「見ずに」情報を入手できる

イヤホンで音楽を聴くように、Voicyを利用すれば通勤途中の交通機関の中でもイヤホンでニュースを音声によって聴くことができます。
歩きスマホが問題視されている中、こうしたアプリが出来ることは、歩行者のみならず運転中のドライバーにとっても利用出来る安心のアプリです。

通勤の途中でニュースを仕入れることが仕事につながる方もいますので、これからこのアプリVoicyは幅広い方々に利用されていくと考えられます。
リスナーとパーソナリティが繋がりを持っているという魅力あるアプリVoicyをみなさんも利用されてみてはいかがでしょうか。