簡単に出前を注文「LINE デリマ」

誰もが使っているアプリ、LINE

スマートフォンを持っている人で使っていない人はいないと言えるのがLINEです。
今までのメールと同じく個人やグループでのやり取りをすることができるものですが、それぞれにページができること、連絡手段としてだけでなくいろいろな機能も付いていること、メールアドレスや電話番号よりも簡単に伝えやすい個人情報であることなどから注目されています。

このLINEですが、周辺アイテムも便利で最近は利用者を増やしています。
その中でも便利として注目を集めているのがLINE デリマです。

LINE デリマとは

LINE デリマとは、LINEアプリから全国の14000店ものフードメニューを検索し注目することができるデリバリーサービスのシステムです。
2017年7月26日から公開がされています。

注文できる料理は一般的な宅配メニューと同じくピザ、寿司、弁当、中華料理、どんぶりといったメニューだけでなく、パーティーメニュー、アルコール類など豊富です。
会員登録をすることなくLINEの情報のみで使うことができるとしてその気軽に利用できることでも注目を集めています。

LINE デリマのメリット

LINE デリマのメリットとして、新しいアプリをインストールしなくてもそのままデリバリーが利用できます。
さらに、注文金額によってLINEで使えるポイントをためることもできるので、ポイントが溜まればスタンプを購入することも可能です。

自分のいる場所から注文できるお店を検索してくれるので、お花見会場やイベント会場といった自宅以外の場所でさらには特定の住所がないような場所でも宅配をしてもらうことができます。
そのため、どこでも食べたいものを注文することができるのです。

LINE デリマの問題点

LINE デリマはまだまだ新しいシステムであるため完ぺきとはいいがたいです。
準備中という情報もよく見かけます。

すでにこのようなデリバリー系のアプリがあり、そういったものを活用しているという人はLINE デリマを利用しなくても食べたいものが注文できます。
そのため新たな機能を使うことが必要と思えないことも多いです。
ただ、これについては今後の改善でどんどんと便利になることが期待できるので、動向を見守るようにしましょう。

LINE デリマの使い方

LINEを使っている人はすぐに使うことができます。
まず、LINE デリマを友達登録します。
次に位置情報でエリアを設定し食べたいメニューを注文したらあとは待つだけです。

このサービスは現在はフードサービスのみですが、今後はサービスを拡大して利用できる店舗が増えること、さらには食品以外にも日用品も配信されることが予想されています。
気軽に利用ができ、なおかつポイントをためることができるということで、普段からLINEスタンプを購入することがあるという人は便利なサービスといえます。