うっかり防止!「なみすけのごみ出し達人」

ごみ出しの日は忘れやすい

日々の生活において、必ず発生するものがごみです。
ごみが部屋の中にたまっていけば当前ながら、衛性的にもよくありません。

毎週決まった日にごみを回収してもらう必要があります。
ごみ袋は結構邪魔になりますし、生ごみなんかは匂いも残りますからきちんとごみを扱う必要があります。

そして、忙しい毎日の中でごみ出しの日を忘れることはよくある話です。
この時に便利なツールがあります。

それが「なみすけのごみ出し達人」というアプリです。
中には引越してきたばかりでどの日にどのごみを出す日か慣れないと言うこともあります。

出そうと思って用意するのにも時間がかかるごみの場合には事前に分別も必要となります。
ですから、日にちを把握することが必要になってきます。

「なみすけのごみ出し達人」の機能

ごみ出しを補助してくれる「なみすけのごみ出し達人」の機能には、プッシュ通知という機能があります。
これはごみ出しを知らせてくれるものとなっていて、ごみ出しの日を忘れないようにするためです。
ついうっかりごみ出しの日を間違えてしまったとか、今日がごみ出しの日だったという後悔もこれでかなりなくすことができるはずです。

「なみすけのごみ出し達人」にはもう一つ使える点があって、それがゲームなどから分別を学習することができる機能です。

ごみの分別の基本が学べるので、いざという時に分別に迷ったらうまくこれを使ってごみを処理することができるかもしれません。

また、ゴミの一番厄介な所はマナーがいろいろある点です。
どうやって燃えるごみで生ごみを処理するとか資源ごみをどうやって後処理を行えばよいのかなど様々なことを知ることができるでしょう。

注意点としても市役所ごとに違う部分もありますが、だいたい共通したものがありますから覚えておいても十分に使える知識と言えます。

わかりにくい分別

ごみの分類で混乱しやすいものとは何でしょうか。
まず市町村ごとに分類方法が異なるプラスチックや紙類の分別が一番複雑かもしれません。

全部まとめて燃えるごみに出せるという市町村もありますが、中には何種類にも分けて分類しなくてはいけないこともあります。
この辺は市町村に会った分類が必要になります。

それと、ごみ処理において複雑な構造物ほど分類が大変なものはありません。
特に燃えるごみと金属片が混ざったタイプのごみは下手に燃えるごみに出すとマナー違反になるものも多いです。

それと、金属の使われたものと不燃物の代表格としてカサや家電製品などがあります。
特に家電製品はリサイクル法があるので、ごみとして出せないものもあるなど注意が必要な場合も多々あります。

最後に、リチウム電池など簡単に購入できるけど処理が大変なごみもあります。
お店や家電量販店では電池を回収していることがあるなどが知られています。

このようにゴミの分別回収にはいろいろなルールや常識がありますから、このアプリで学んでみましょう。